FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

そりゃそうだよ。総入れ歯は咬みあわせがいいもの!

これは、患者さんの言葉。

総入れ歯の患者さん。非常に口の感覚が鋭く、ほんのわずかな入れ歯の違和感も耐えられない。
自分で削る。でも最初から削るような態度の悪い患者さんではない。
調整に、10回近くは来て、完璧に合わせて満足して帰る。
しかし、1年ほどしたら、ピンクの床の部分が歯のすぐそばぐらいしかないほど削った義歯で来院する。
頬粘膜のわずかなあたりが耐えられない。

去年、また半年ほどかけて徹底的に合わせた。
一度よくなってから1ヶ月してまた来てもらい、気になるところを聞いてそこを調整するのを繰り返した。
僕の総入れ歯の先生と言ってもいいだろう。
ほんとに、総入れ歯の床縁というものは、マジノラインのように長くて、しかも難攻不落だ。

半年ぶりにまた来院したので、どうかな~削ったかな~と思ってみたら、そのままだった。
また調整した。いくらでも調整するところはある。なくならない。

>合わない総入れ歯の人はは少しぼけやすいけど、歯はあるけれども咬みあわせで障害物のような歯がある人は大病しやすい。
悪い障害物を外せないから、歯があるばかりにかえって大病してしまう人もいる。

少しだけでも慰めてあげようと思って、あごろべえ先生から教わった、このような知見を話すと、

そりゃそうだよ。総入れ歯は咬みあわせがいいもの。

と言ったのだ。

総入れ歯はかみ合わせがいい。へ~そんな意見は、初めて聞いた。
驚いたが、なるほどと思った。
この患者さんが最初に来たときは、まだ歯があった。
すごいブリッジが入っていた。下のブリッジだが、後ろに30度ぐらい傾いていた。
なんと!その傾いたブリッジに合わせて後ろの歯がレゴのブロックを足したように厚い総入れ歯が入っていた。
確かに、あり得ないほどかみ合わせが悪い。
あの時は、ひどく具合が悪い感じだったね。と言うと、ほんとに危なかったという。



ここまでは、昨年の話。
この、僕の義歯の先生が、半年ぶりに来院した。(3月31日)
やっぱり!心配した通り。
下の総入れ歯は、ピンクの床の部分が歯の幅よりも細く削られていた。
あ~ またこのしょうがない患者さん先生と、半年以上掛けて勉強しなければいけない。

今月からは、この患者さんの治療経過を報告しながら、

入れ歯との暮らし

についての、僕の体験と考察を書いていくつもりでいます。



今日は、エイプリルフール。

患者さんは実在じゃなくて、ほら話だと思うよ。

ほんとは、嘘だよ~ ね。



スポンサーサイト
入れ歯とのくらし | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/04/01 00:00
コメント
僕はまだ下手です。
ん~ん。義歯は難しい。研修会で習ったとおりに作って喜ばれたことがない。適当に作った義歯が一番使ってもらえているみたい。昔は習った形を押し付けて何で使ってもらえないんだろう?と考えていましたけど。要は噛み合わせと本人が望むカタチが一番重要なんだろうね。  でもどこまで本気で考えていいものか?うそだよ~。ってか?
No title
こんばんは、夕焼け院長様。

東京の親戚のお爺ちゃんは99歳で一人暮らし、買い物、料理、洗濯、身の回り事ことはなんでもこなします、姿勢がよく歩くの早いです、2,3時間歩くのは平気、昨日は町内会の栃木へ日帰りバス旅行に1人で参加したと言ってました。15年以上前から~総入れ歯みたいです。入れ歯がばっちりあってて、メンテも良いのでしょうね。私は右上5番部分入れ歯になりそうです。1本でも不安なのに、総入れ歯になる時はどんな気持ちかなぁ(-。-;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。