お東先生の修行と覚り

お東先生がコメントを寄せてくださったが、ホントにたった2日間のセミナー受講でラッパ上人の教えを深く理解して即座に失敗せずに実践できているということは、驚くべきことだ。
お東先生にとっては、最高にコストパフォーマンスが高いセミナーだったろうと思う。
運がよかったのか、もともと理解力が並外れた天才だったのか?

コメントに少し答えが書いてある。

>自分のひどい噛み合わせを少しでも良くしたいという思いで1990年から噛み合わせの勉強をしてきました。

長く修行してきて、27年目で開眼したということだ。御釈迦さんの故事を連想してしまった。

御釈迦さんは、一人の村娘からいただいた乳粥を食べて菩提樹の下で瞑想して悟りを開いた。
たぶん、その村娘は他の苦行僧にも同じように粥を喜捨していたはずだが、完全な悟りを開いたのは御釈迦さんだけだった。
それは、御釈迦さんだからで、悟りを開く前にたまたまお粥を食べただけで、別にそれがハンバーガーでも変わらないんじゃない?と思うがそうではなくて、ちょうどその時の乳粥じゃなければいけなかった。
それは、死にそうなほど苦行で衰弱しきっていたからで、そのお粥によって難行苦行は意味がない。中庸こそが大切なのだと修行方法を反省して瞑想したから悟ることが出来た。
でも、その前の修行が無いと、お粥さえ食べたら悟るわけではないことは明らかだ。

お東先生は、いろいろな咬合関係のセミナーを受けたり深くかかわった流派もあるようだが、私が注目するお東先生の修行による素養は、その深くかかわった流派の流れからだと思うが、整体の勉強をしたりして、筋の触診をマスターされていたのが大きいと思う。
咬合治療というものは、骨と関節と筋の働きによる歯のかみ合わせなのだから、基本的には整体に所属するものだと思う。
しかし、歯科医は大学で西洋医学しか教わらず、東洋医学や整体などについて知識もなければ、関心もない。
西洋医学では、整形外科が専門家のようにいわれているが、そこは手術が専門であって、整復とかリハビリテーションとかにおいては、付け足しというかひじょうにレベルが低い。
医療の中のヒエラルキーによってゆがめられて認識しているので、なかなかそこが分からないわけだ。

明日から2日間また、ラッパの先生のセミナーが開かれる。
この前受講してみて、素晴らしい組み立てのセミナーなので、基本的にはそのままでいいと思うが、触診のやり方と受講者相互の触診実習体験を充実させたらより良いと感じた。
咬合治療に関しては、女医さんは一般的に理解が早くて腕もいいように思う。
それは、女性はもともと成長とともに体が大きく変化し、生理があったり、肩こりに敏感な体なので、身体感覚的にすぐ分かるからだと思う。
美容のためにストレッチやエクササイズなどにも関心が高く、ほとんどの女性は何らかの実践体験を持つ。
それに比べて、男は体で考えることが無く、知識と論理だけで考える傾向があるから「咬合と全身にはエビデンスが無い」などといったバカげた思考停止・見ざる聞かざる状態に陥りやすい。
女医さんでそんなことを言うのを聞いたことが無いから、身体性が薄い男の通弊だと思う。
それに、慣れてないというか、触診にビビってしまうところがある。
つい、セクハラなんて言葉が浮かんでしまう。僕も、最初はなかなか抵抗があった。
女医さんは、触診に対してそんなことを思ったりしたことは一度もないはずだ。
いつもマッサージとかを受けているからね。
電車の中であらぬ所を触診したら逮捕されるけど、要するに場所と目的であって、患者さんがそんなことを考えるわけがないのだ。
そもそも、歯医者がする触診は肩から上しか必要ないわけなのに、身体性が薄い男は、慣れてないとそんなバカげたことまで気になるものだ。

論より証拠。触診したことが無い状態では、咬合が分かるはずがない。実感できないのだ。
CTの画像がどうだとか言っても、触診の手ごたえに比べたら蜃気楼のようなレベルだ。
そこに、整体と整形の差がある。歯科医も同じことだと思う。
出来れば、お東先生にインストラクターになってもらって、触診の基本を指導してもらうと良いように思う。

まあ、でもそんな難しいことじゃないよ。
慣れと、習慣だけだね。


スポンサーサイト
ラッパ亭語録 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/08/25 11:50
コメント
No title
アドバイスありがとう。明日触診の相互実習を取り入れてみたいと思います。確かにお東先生は筋の触診をマスターしていたので呑み込みが早かったのだろうと気が付きました。そこに自信が持てなければRSする勇気が涌きませんからね。
No title
ありがとうございます。
確かに5月の咀嚼セミナーは今まで受講したセミナーの中で断トツにコストパフォーマンスの高いセミナーでした。

先生のおっしゃるとうり 昔から筋触診してきて私も女性の方が圧倒的にわかりやすいし 反応も敏感だと思います。

昔指導いただいた整体の先生は片手にタオルを持って反対の手の指先をタオルで擦って指先の皮の感覚を鋭敏にするとおっしゃってました。
私は最近学生時代熱中していたギターを再開したせいで、弦を押さえる左手の指先がタコになって指紋が消えてしまいましたが、歯科医には整体師ほど鋭敏な触診は必要ないと思います。
RSではせいぜい肩か胸鎖乳突筋、後頚筋、側頭筋、辺りの筋の緊張と硬結がわかれば充分ではないか?と思います。

5月の咀嚼セミナー後、7月中頃縁あって近隣のカイロプラクティックの先生から同じ施術で他の患者さんは改善するのになかなか症状が改善しないという患者さんが10人ほど来られました。
後頭部から首・肩にかけて肩凝りがひどいという中年女性は1回の咀嚼RSでほぼ症状が無くなり、主人も診て欲しいと連れてこられました。

カイロプラクティックでなかなか改善しない肩凝りや頭痛もかなり良くなる方がほとんどですが、1人だけ無表情で真面目そうな中年男性さんは、筋触診であきらかに緊張が取れているのに無反応で、次回予約を無断キャンセルでした。
受付をしてくれている長女が携帯電話に電話すると一回呼び出し音で出て、無言で電話を切られたと言ってました。

何か病気にしがみつかなければならない理由があるのでしょう・・・口では治りたいと言いながら行動が治る事を拒否している人がいることは今までも経験しています。

咀嚼RSしたらその場で首が後に倒せる~、肩が軽い~、翌日に左右で噛めるようになった~と笑顔で言ってくれた自力整体のインストラクターに話したら、そんな人ほっとけば良いって自分のことのように怒ってました。

5月からかなり咀嚼RSをさせていただきましたが、今のところ術後確認できなかったのはその男性1人だけで、他の方はほぼ100%楽になったと喜んでいただき、家族や知人を紹介してくださいます。

今日来院された知り合いのご夫婦、ご主人が私のフェイスブックを読んで、知り合いがみんな肩凝りなどが良くなったというので、先日右下67欠損で局部義歯を使っている奥様の事を相談されました。
奥様は外出して外で食事の予定の時は義歯を入れずに外出されるそうで、夕方になると膝が痛くなるのは入れ歯を入れていないせいでしょうか?というご質問でした。

入れ歯を入れて外出した時膝の痛みがどうなるか?確認してみて下さいとお返事しました。

本日来院されて ガマンして入れ歯を入れてたら膝の痛みが少ないということだったので、入れ歯の有る無しが膝にまで影響する事を実感していただき、本日印象採得して 咬合のチェックをすることになりました。

もし必要ならインプラントをお願いしますというご希望でした。

一緒に来院されたご主人は「自分は肩凝りは無いから通常の歯周病のメンテナイスだけで良い」というご希望でした。

女性は敏感ですが、男性は本当は肩凝ってるのに自覚されてなくて、噛み合わせ調整で筋肉の緊張が無くなって始めて肩が凝ってたんだと自覚される事も多いですよと半分笑い話でチェアーに座っていただき、ちょっと肩を触らせていただくと、案の定 右肩がカチカチに凝ってました。

半年前の定期検診では気づかなかったのですが、下顎臼歯部の歯列が狭窄し舌房が狭いため、低位舌になっていました。
肩凝り首凝りや口呼吸になりやすく、いびき等の問題も出やすいと言うと、実は睡眠時無呼吸症候群でCPAPを使っているという事がわかりました。

全身的な健康のために 一度噛み合わせを診てみることになりました。
先程のコメントに書き忘れてしまいました。

私に筋触診のインストラクターと言っていただきましたが、先生の投稿の終わりに書かれているように、触り慣れる事が必要なだけではないでしょうか?
もし私に出来る事があるとしたら、筋触診はハードルが高いものでは無いと伝える事と、筋触診無しで咬合治療はあり得ないという事を啓発する事ぐらいでは無いでしょうか?
出来るだけ多くの歯科医が日常的に筋触診をするようになれば、我が国の歯科医療は変わると思うし、総医療費も下げることが可能になり、何より歯科医のステータスが向上すると思います‼︎^_^
男性が自覚できないのは?
単純に言うと、女性よりも骨太で、頸椎の連結がガッチリしていると思われます。

頭位が傾いたら女性は頸椎がフニャって変化するのに対し(不調を自覚する)、男性はガッチリ固まったまま傾く。

自覚が出来ないから問題無いかと言えば、血圧、血糖などが上昇し、急に脳の血管がブチッといく。
何とも怖いですね~

管理者のみに表示