お東先生登場

藤井君の活躍ですっかり将棋狂いになってしまって、将棋のネット中継を見ていると何もする時間が無い。
ちょっと、プロの将棋は持ち時間が長すぎるね。
天才ばかりしかいないプロが、途方もない長い時間を考えて指しているわけだから、弱いアマの僕に理解できるはずもなく、すぐ落ちこぼれていつの間にか居眠りしている。

今度の土日に、ラッパの先生の咀嚼のセミナーがある。
前回は5月だった。僕も参加した。
とても良い組み立てで、みんな引き込まれるように最後まで集中して受講していて、ラッパの先生の講師としての目の覚めるような進歩ぶりに驚いたものだ。
感想を書くと言っていながら、そのままになっていた。

何といっても、受講生にものすごい秀才が現れたことが素晴らしかった。
初めて会う8人の受講者の一人だったので、僕はまだ名前と顔が一致してないのだが、その先生は受講直後から、セミナーで教わった内容を患者さんに実践した赫々たる戦果をメールでみんなに報告してくれるのだ。
まことに見事な実績で、たった2日間セミナーを受講しただけで、これほどできるものか‼と驚嘆した。

僕は、ラッパの先生の研究がほぼ完成したと感じていたので、以前からやっていた自分の修行をそのまま受講者に体験させるという、ほぼ全員が落ちこぼれる修験道のような難行のセミナーじゃなくて、念仏を唱えるように、ラッパ上人の悟りのエッセンスだけを講義するセミナーを進言して開いてもらったセミナーなので、いきなりものすごい秀才が出現したことにとても喜んでいる。
このブログでは、大学教授以外はすべて仇名を付けて呼んでいるので、その先生を「お東先生」と呼ぶことにする。
その心は、易行の念仏と言えば浄土真宗で、本願寺派と大谷派に分かれていて、それぞれお西、お東と呼ばれている。
ちょうどその先生の名前が、お東と大谷派を合わせたような名前なのだ。
易行の念仏のようなセミナー1回の受講で、極楽浄土に往生した感があるので、まさにふさわしいと感じた。
何か、歎異抄を書いた唯円に匹敵するように深く理解されていて、本当に感服した。

それにしても、ラッパ上人の悟りを念仏することは、ものすごいご利益がある。
私も、日々念仏している。なまんだぶ なまんだぶ。
親鸞は、私は僧にあらず、法然上人から聞いたことをそのまま言っているだけの愚禿親鸞である、と言っていた。
我らの上人は、その謙虚さも、風貌も・・・親鸞聖人並みだ。ありがたやありがたや、なまんだぶなまんだぶ。
もう、直前に迫っているが、この前、定員までまだ1~2名余裕があるように聞いた。
暇がある方は今からでも申し込んで、ラッパ上人のありがたい法話を聞きに行ったらどうだろうか?
スポンサーサイト
ラッパ亭語録 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/08/20 14:38
コメント
念仏
ご紹介ご推薦有難うございます。ほんとにこの調整は凄いです。今日もPのメインテナンスの患者さんでRS直後「朝から左肩甲骨の周囲が痛くて肩が回らなかったのに回るようになりました。今の噛み合わせの調整が良かったんですか?」と。こういう反応が聞けるとますます究めたくなりますね。削った量はファインのバーでシュッシュと僅かでした。Pの治りがそこだけ悪かったんです。
No title
昨夜 ラッパ上人から あなたの事がブログに出てるよというメールをいただきました。

過分な仇名をつけていただいて恐縮です。

5月の咀嚼セミナーはたった2日の咀嚼セミナーでしたが、目から鱗がぼろぼろ落ちたセミナーでした。

私はラッパ上人とは逆で 自分のひどい噛み合わせを少しでも良くしたいという思いで1990年から噛み合わせの勉強をしてきました。

かみ合わせに対して霞がかかって見えなかった事柄が咀嚼セミナーで解消しました。

まだ3ヶ月しか経ってませんが、RSした人のほぼ100%が肩凝り首凝りが楽になったと言ってくれてます。

セミナー直後にRSしてとっても楽になったと喜んでた人が2ヶ月すると、元には戻ってないけどまたちょっと症状が出てるっていう人がいます。

重力下で直立二足歩行で生活している限り 体の揺らぎの影響で バランスは日々変化すると思っています。

夕焼け院長のおっしゃるとうり、直立歯科医学を普及するためには、まずあごろべえ先生の総論を学んだ後、ラッパ上人から咀嚼運動を学び、次のステップで顎位診断を学ぶのが良いと思います。

私は顎位診断やDS、MDA等まだまだ学ばなければならないこと思いますが、自分の出来ることを着実に一歩ずつ進んで行きたいと思っていますので、これからもよろしくお願いします。

管理者のみに表示