加藤九段が語った、最大の危機

ついに、藤井君は28連勝。
新聞の号外まで出た。すごいな~
それに、羽生と違って全くカリスマ性を感じない、普通の中学生にしか見えないところが可愛くていい。

ところで、先日引退が決まった加藤九段なんだけれども、前歯が4~5本派手に欠けていて、とてもかっこが悪い。
まあ、ブタブタに太っていて、ほとんど一切見た目に気を使わない人だから、それも天然キャラとして似合っていないことも無いけど・・・
ネットの記事にそのことに触れたものがあった。

 質問: 加藤先生は、どうして前歯の虫歯を治さないんですか?

 加藤九段: 昔、前歯を入れたときに、急に将棋の指し手が浮かばなくなって困った時期があって悩んでいたら、あるバイオリニストが前歯を治療した後にバイオリンが上手く引けなくなって苦しんだという記事を読んだ。
それですぐ、歯医者に行って前歯を外してもらったところ、以前のように手が浮かぶようになった。
だから、私は前歯は治療しないことにしているんです。
あの時は、私の棋士人生の最大の危機でした。

まあ、単なるユーモラスな変人のエピソードぐらいに紹介されていた。
たぶん、歯医者が怖くて行きたくないものだから、そんな理由付けをして自分に言い訳してるに違いない。
誰だって、そう考える。
でも、僕らから見たら、これは完璧なスウィング干渉の症例に見える。
前下がり顎位のタイプに前歯の蓋をしてしまった症例に違いない。

今の加藤九段を見たら、でっぷりと太ってはげあがった赤ら顔の典型的なブラキータイプ(四角いガッチリとしたあご)のオジサンに見えるのだが、若かったときはすごい美男子だった。
高校生の時に、学生服で大山名人に挑戦した。すらっとして、ものすごくかっこよかった。
その頃は、僕は小学生だったし将棋にも興味が無かったので、後で見た写真での印象だけれど。
僕がプロの将棋を見るようになった時には、あれほどではなかったけれど、すでに太っていた。 
人間は、全く解らないものだ。藤井君が将来あんな感じになることだってあり得る。ちょっとやだな。
神武以来の天才と言われた頭もルックスも最高の天才が、はげで庄屋さんのような大山名人に何度挑戦しても跳ね返されて、次には中原にも抜かれて、もう、将棋のこと以外一切構わない半分きちがいのようになった。
そして、クリスチャンの求道者タイプだから徹底していて、その将棋に対する姿勢はまさに無我夢中、神に祈るように指している。

その記事を見て、若い時の加藤九段を思い出してみたら、ドリコタイプのしょうゆ顔だったような気がする。
それならば、加藤九段の棋士人生の最大の危機という言葉にうなづける。恐ろしいものだな~ 
何か、頭がしびれたようになって、何も考えられなくなった。というようなことを言っていた。
そのバイオリニストも、加藤九段もプロ中のプロだからこそ、炭鉱のカナリアのような感度で、その原因が入れた前歯にあるということが分かったのでしょう。
並の人間なら、とても気が付かないはずだ。
スポンサーサイト
スウィング | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/06/22 15:10
コメント

管理者のみに表示