FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

英雄が誕生する喜び

一昨日は診療の合間に、それから昼休み、夜と、1日アベマTV で竜王戦6組決勝を見ていた。
今や、マスコミが対局のたびに殺到するようになった藤井聡太四段と近藤誠也五段の一戦。
近藤五段は藤井四段の一年前に19歳という若さでプロになり、昨年順位戦のC級2組を一期抜けし、王将戦リーグ入りもして羽生3冠に勝った期待の星。
藤井が出てくる前は、彼が羽生に代われるかもしれない若手のナンバーワンではないかと言われていた。
その実力者が、序盤のわずかな方針の乱れを見事な指しまわしで拡大されて、全くいい所が無く一方的に敗れた。
藤井聡太は、あまりにも強い。どれほど強いのか底が見えない。
奨励会の3段リーグでは、これも一期抜けしているが5敗しているわけだから、1年も経たないうちに急速に強くなっているのだろう。
中学生だから、一晩寝て起きたら、ぐんぐん伸びているということか。

彼の将棋は必ずと言っていいほど、華やかで鮮やかな決め手が出現するので、見ていて感動する。
プロ同士の対局で毎度そのような鮮やかな手を指せるということは、相当の実力の差が無いと出来ないことだから、もしかして、トーナメントを勝ち上がって今年のうちに棋界最高のタイトル竜王を取る可能性さえ誰も否定できない。
僕は、彼の将棋のほとんどを見てきている。目が離せない。

金太郎が生まれたというか、ジークフリートが誕生しようとしている。
英雄が誕生するところを見るというのは、なんとワクワクする、心が湧きたつ喜びなのか。
あらゆる神話が英雄譚であることを想起してしまう。
女優が出演を重ねるたびにきれいになって行くように、最初はただのゲームオタクの中学生にしか見えなかった少年が、昨日は顔一面にあったニキビも無くなって、いかにも聡明な青年に見える。

前日の水曜日に、スマホでカンニングしたと濡れ衣を着せられた三浦九段と将棋連盟との和解の会見があったが、三浦九段が、藤井聡太の出現で沸き立っているこの盛り上がりを、私の事件でいつまでも水を差したくないというようなことを言っていた。
棋士達にとっては巨大な壁になるであろう敵の出現なわけだが、やはり、英雄が現れる、ヒーローを見るという喜びは、心が湧きたつような明るい気持ちにさせるのでしょう。

次の対局は、来週の水曜日。いつもチェックしている。
将棋連盟モバイルというスマホアプリがあって、注目の対局はリアルタイムで指し手を見ることが出来る。
今年いっぱいは、彼の追っかけを続けることになるだろうな~
スポンサーサイト
あれやこれや | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/05/27 07:54
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。