FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

アラ団塊の悔い

平成が終わろうとしている。
今上天皇は最上の品格を備えた方で、美智子皇后は百人一首に選ばれてもいいほどの大歌人だ。
しかし、我が国はその間に中国に抜かれ、韓国・北朝鮮に侮られるような低迷ぶりだった。
昭和の時代の高度成長は戦争を戦った世代が管理職だったからで、平成の低迷は団塊の世代が上に立ったからだと言われている。
結婚出来ない若者が増え少子化が進んでいるのも、昔は大勢いた何組まとめたということを自慢する、お見合いを世話することを生きがいにしていた親切な仲人おばさんが消滅したからに違いない。
日本人が、急にイタリア人のように手当たり次第に女を口説けるようになるはずもない。
親切なおばさんに代わって口うるさいヒステリーばかりが増えた。
団塊の世代以降のそれなりの立場にいるものが男も女も揃ってダメになって、やらなければいけないことを放棄したからなのでしょう。
若い人たちに申し訳ないことをしたように思う。

どうして僕たちはダメなんだろうか?と、いろいろと考えて、大学紛争とかゲバ棒とかシンナーとかが流行ったり、若い時もろくなことをしていなかったのだから、地位が上がって急に立派になるわけもなく、世代そのものがダメだったと思う。
だいたい、ビートルズは行儀が悪かった。急に行儀が悪くなった世代だったと反省しているこの頃だ。

この前書店で偶然、それらすべての理由を完璧に説明してくれた本に出合って、目からうろこが落ちた。
あまりにも素晴らしい本なので、皆さんに紹介したい。ぜひ、読んでいただきたい。
ついこの前亡くなった渡辺昇一先生と並び立つ巨人、田中英道先生の新著です。
奥付には、5月5日とある。買ったのが7日だから出たばかり。

   書籍


片山さん。ぜひ読んでください。椋ちゃんは、そうだそうだと言うはずだ。

リベラル大嫌いの自分が、十分リベラルだったことを思い知らされた。
今の若者は、僕らよりずっと行儀がよく立派だから、この本を指針にして、我が国を建て直してもらいたいと思う。



スポンサーサイト
あれやこれや | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/05/12 11:01
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。