FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

肩がこる~

さて、モアイ像の頭位にエア水がめを加えたら、頭が真っ直ぐになり後ろ重心から重心が前に移動して歩きやすくなった。
しかし、肩がこるのだ・゚・(つД`)・゚・
ホンの短い距離しか道を歩くことはしないから、わずかの時間のことなのだが寝るまでこりが取れない日もあった。

やっぱり。たぶん、そんなことじゃないかと思ったとおりだった。
なぜ頭が傾いているか?といえば、あごと頭の複合体のバランスが取れる位置がちょうどその傾きだからだ。
やはり、頭が傾いているのだから、姿勢も悪くなり肩もこっている。
とはいえ、そのあごの位置に対してもっとも合理的な姿勢なのだ。
頭は首や肩の筋肉で固定しているわけではなく、単に首の上でバランスを取っているだけで、バランスが崩れたときに瞬間的にそれを起こす筋肉が働く構造になっていると思われる。
瞬間しか働かず、普段は休んでいるから楽なのだ。
それなのに、傾いたバランスを自分で意識して起こすためには決まった筋が持続して働かなければいけないわけで疲労してしまう。
だから、肩がこるわけだ。

エア水がめは失敗だった。
やはり、ぎっくり腰などの緊急事態に対するもので、日常の養生訓とはならないようだ。
とは言え、頭さえ真っ直ぐになれば重心は必ず真ん中に寄っていくことが確認できた。
それから、よく観察していると、モアイ像の頭位も少し首の付け根に苦しさを感じることがある。
やはり、同じ原理だと思う。頭位の上向き下向きもヤジロベエバランスで定まっている。
上を向けば付け根がこり、下を向けば首の上の方がこる。
それは、洗濯物を上の方に干す作業や、その反対の編み物などを長時間すると、こる位置の違いが分かる。
しかし、こちらについては苦しいと思うほどではなく、得るものの方が多いので、やはりよい養生訓だと思う。
どうも、歳とともに人はうつむいてしまうものなのだ。
あごのやじろべえのバランスの推移ばかりじゃなく、しだいに反省することばかりが積み重なってきて・・・
スポンサーサイト
やじろべえ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/02/05 18:11
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。