FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

耳なし芳一の琵琶

耳なし芳一技工士作の2つの咬合器を紹介します。
Swing master Articulatorといいます。赤いのがタイプⅠ。青いのがタイプⅡ。
論文から咬合器の説明を抜粋します。

 >このSwing master Articulatorと、既存の咬合器の相違点を挙げるならば、現在の歯科補綴は蝶番回転する平線咬合器を使っての限界運動有りきです。摂食時に限界運動と異なる軌道の咀嚼運動をしているにも拘わらず、大学や技工学校で詳しく教わることもなく、蝶番運動の平線咬合器や半・全調節性咬合器で製作され、咀嚼運動は全くと言っていいほど考慮されていません。
 咀嚼運動が出来る事と、それ以上に人間は二足歩行動物として倒れないようにバランスを保つ機能として下顎が平衡器の動きをする必要があります。ナソロジーで言うところのターミナルヒンジアキシスで蝶番回転軸が通っているわけではなく筋肉でぶら下がっています。下顎が平衡器として〝自由″に動かなければなりません。あたかも筋肉でぶら下がっているかのような生体に近い振舞いが必要となります。
 旧来の生体に似せたものと異なり、動きに特化した咬合器となりました。あたかも咀嚼運動時の顆頭が後ろに下がるようなギミックとしてスライド機構を上フレーム内に組み込みました。これによって顎運動計測機器であるシロナソアナライザーのような立体的な動きが咬合器上にできるようになり、人の動きである3軸(XYZ)に対応しています。
 上フレームに前後にスライドするギミックが組み込まれました。左右にスライドする機構と蝶番回転運動をそれに組み合わせることによって三次元的な理想咀嚼運動を再現することが可能になりました。

これ以上、他人のまだ未発表の論文の中身を書くわけにはいかないから、咬合器の説明の引用にとどめておく。
論文のテーマは、この咬合器にセットする「咀嚼運動理想軌道ガイドテーブル」の形状をデータ化して解析したものだ。
そして、これまでの定説に修整が必要だという結果が得られた。
ラッパの先生の論文も出来てきて、そのシロナソのデータともピッタリ合致していた。
つまり、この咬合器は、定説に修正を迫るほどに咀嚼運動を精密に再現できるということだ。

実は、僕はこの咬合器を買ったけれど、模型をマウントするのが億劫であまり使用していなかった。
手で模型を持って動かしてスウィング干渉を調べていたが、その軌道をガイドテーブルを導入してトレーニングすることにしようと思う。

論文は、もうすぐ学会誌に載ります。

咬合器
スポンサーサイト
技工士はアーティスト | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/12/16 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。