FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

咬合のエビデンス まとめ

この前の大会でランチョンセミナーを担当して、咬合のエビデンスについてしっかりとした見解を持てたことは意義があることだった。

歯科ばかりじゃなくて、どんな領域にあっても大勢と異なる意見を主張すると、強い風圧にさらされる。
それは当然で、主流派の主張には歴史的な積み重ねがあり、それが例え仮説にすぎなくても、強固な固定観念によって補強されている。
その固定観念を打破することは、とても大きな労力がいる。
いくら実証的・論理的に説明しても、それが理論であるうちは現在その主流派の仮説について問題意識を持たない人には、却って反発されるだけだ。
そして、双方ともにとても鬱陶しい関係になってしまう。

歯科においては、咬合、インプラント、矯正において、特に対立が強くあり、いがみ合うとまではいかないが、憂鬱な関係にある。
つまり、何をもって良い咬合とするか?インプラントは是か非か?抜歯してまで矯正すべきなのか?などが、主な対立点で、よく考えると、主義主張を争っている。
共産主義か資本主義か?どちらの神が正しいかのような対立で、主義主張の争いは戦争に至るほどの対立になる。

僕は、長い間この対立で苦しんできた。
仲間外れにされる。もしくは、意見が合わなくて、関係するのが鬱陶しくて避けるようになる。
この前から気が付いたのは、これは主義主張の問題であって、折伏して改宗させなくては済まない問題だから、関係がこじれるのだということだ。
キリスト教とイスラム教の争いのようなものなんだということ。
誰もそんな風には考えていなかったのじゃないか?

ところが、突然それは解決してしまった。
フットビューというME機器によって咬合が平衡機構であることが明確に証明されてしまうと、顎口腔系という局部の中でどこに基準を取るのが合理的か?などという主張には全く根拠がないことが自明の理になってしまったのだ。
科学的な真実が現れたので、主義主張は力を失った。

 局部の生理性を別な局部の状態で証明することは不可能だから、これまでの咬合論の学派の主張には全く根拠がない。
 これまでそのような主張に力があったのは、全体との関連の証明が可能だとは考えられなかったからでしょう。
 全体の状態がバランスが取れていることをもって、そのバランスを制御する局部の機構の生理性の証明とすることには合理性がある。

 つまり、犬歯誘導・中心位・筋肉位などの咬合様式や顎位は、とりあえず定めてみた基準の一つでしかない。
 それが、生理的であるかどうかは、個々の患者さんで平衡が取れているかどうかを調べないと分からないということだ。

伊藤先生が言うように相手を非難してはいけないが、エビデンスがないだろう?というような主張には、完璧な反論が出来るようになった。
しかし、ただの受け売りじゃいけないので、フットビューでよく確認して、確信が持てるようにしましょう。
スポンサーサイト
エビデンス | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/11/22 16:28
コメント
No title
こんばんは。夕焼け院長!

定期検診に行ってきました。なんだか、左下6番の頬側の歯茎が痛く(少しぷくっとしてたので、私は口内炎かも?と思ってましたが)衛生士さんが『そこ強く当たってるから歯茎が腫れてるみたいですよ』、って事で、院長先生に、噛み合わせと夜用マウスピースを調整していただいたら、次の朝から、あらら〜歯茎の腫れがましになって、数日で治まりました。
やはり、噛み合わせは重要なのですね。私、夜の食いしばりが強いみたいですが、日中の顎の状態も知りたいな〜

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。