FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ウズベキンカン 3

ツアーの添乗員に後で確かめたところ、このような金冠だらけの風習があるのは、ウズベキスタンと中国の新疆ウイグル自治区だけだという。
中央アジア方面全体がそうなわけではなくて、元々は同じ民族であるウズベキスタン人とウイグル人が特に金冠を好むのだそうだ。
また、大きな金鉱脈があって、たくさん金が算出するらしい。

どうも、お嫁さんが婚家で大事にされていることの証であるようで、それは奥さんとしては自己肯定そのもので、これほどの自慢は無いのではないか?
欧米式は、とにかく勝つか負けるかを夫婦の間にも徹底的に持ち込む。ホントに、品格が無いよね~

日本でも同じような目的で金冠が入れられていたようにも思える。
しかし、日本では主に側切歯に開面金冠を入れることが多かった。せいぜい多くても2~3本だ。
ところが向こうは獅子舞のようにすべての歯が金冠。開面金冠は見なかったな~全部金だ。
あられちゃんがわーいした感じなんだけれど、中央アジアの蒼天の強い日差しの下で、日本の矢絣のような模様の着物なんだけど、ラメが入ったりしていて派手なので、妙に調和してあまり違和感が無い。
日本のような、少し控えめにして・・・などということは無く、派手に目立つのが良いようだ。
やはり、湿気が多い陰影礼賛の日本と、カラッと蒼天の風土の違いによるものだろう。

ソ連時代は宗教は禁止されていたようなのでその影響だろう、チャドルなどはかぶったりせず、豚肉を食べたりする人も多く、トルコに似た世俗的なイスラム信仰のようだ。
しかし、結婚前は化粧をしたり眉を細くしたりしてはいけなくて、結婚するまでは処女でいなければいけない。
なごり雪を大切にする。
そして、結婚するとすべて解禁となって、ピカピカの奥さんになるわけだ。
異性と付き合うようなら必ず結婚しなくてはいけない様だ。
そもそも、ふしだらなこととされていて、きちんと見合いして結婚するのが望ましいとのことだ。
これなら、みんな早く結婚したいはずだ。昔の日本みたいだ。
これが、種を保つための知恵で、人類が作りだした道徳だったはずだけれど、とにかくたちの悪い白人によって全て破壊されて、聖書に書いてあるとおりにハルマゲドンに向かっているんだろうね?

僕は奥手で若いころ惨めだったから、どちらかと言うとそのような風習の方が望ましかったな~
昔は仲人を生き甲斐にしているおせっかいで親切なおばさんが沢山いて、そういう恋愛に要領が悪い男女に手を差し伸べてくれた。
昔のおばちゃんたちはえらかったな~よその家の子も自分の子と思っている感じだった。
最近の若い人は気の毒だ。晩婚化は、みんなが大学に行くようになったのと、仲人おばさんの消滅によるものだろう。
商業主義が、手を変え品を変え若者の欲望に火を付けるが、グラビアやCMのように上手くこなせるはずもない。
世代が替わったからといってイタリア人じゃないんだから、そんなにホイホイと恋愛上手になるものでもないだろうし、途方に暮れている若者が沢山いるんじゃないかな~

 ベッキーよ泣くのはやめて!リンゴを食べた2人のせいなんだから。


スポンサーサイト
昔の歯医者の思い出 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/05/26 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。