FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

病院で治らない症状の一覧表 続き

いいろと脈絡が無く余計なことを書いてきたが、気を取り直して続きを書く。
僕は、2000年から丸山先生の咬合治療を教わったわけだが、アカデミックには認められていないものになぜ深入りしたかを考えてみると、電車の車内広告の写真で示した症状群に関連する。

家内が薬局をやっていて、中医学を勉強していた。
それまでは、漢方は知っていたが、漢方に違いがあるなどと考えたことも無かった。
ところが、もともとの漢方である中医学と日本漢方に分かれていることが分かった。
ほ~と思って、どこが違うのか?と家内が勉強している本をパラパラと見ると、日本漢方というのは全くとらえどころがない。
理論が無いというか?診断基準の根拠が無く、ハウツウの集積にしか見えない。
中医学には、陰陽五行説とか、五臓六腑とか、経絡とか、はっきりした体系がある。
しかし、その体系は、いったいどこに根拠があるんだ?というような宗教に近い哲学に基づいている。
実証的な日本人には、中国的な誇大妄想的な表現も相まって、とても信じられなかったんだろうと想像する。
それで、その屁理屈を排して、確実と思える経験則をまとめたのではないか?
しかし、その陰陽五行説の理論は、一見すると全くただの屁理屈にしか見えないのだが、機能に基づいたきわめて詳細な分類と解析が体系化されていて見事なものだ。
五臓六腑をそれに当てはめているわけだが、現代の目でみると解剖や生理学的な間違いとしか思えないのが困る。

日本人は昔は魚を食べて動物はほとんど食べていないので、解剖の知識がないだろうし、けがれを嫌うので研究したくもなかったと思う。
それに比べて、中国人は動物ばかりでなく普通にというか珍味として?人肉を食べていたようだから、そのような診断学が出てきたのだろう。
孔子の大好物が人肉の塩辛だというから、恐ろしいものだ。
だから、各臓器の機能なんかもある程度分かっていて、その観察から出来た体系なわけだ。

僕が一番感心して、かつ助かったのが、肺の分類だ。
僕が、喘息体質なせいで、子供たちがみなアトピーで苦しんだ。その体質の捉え方と対策で、とても助かった。
中医学では、鼻と皮膚は肺蔵に分類される。それは呼吸している場所だからだ。
だから、鼻炎もアトピーも肺が体質的に弱いというわけで、その分類に基づいた対策を取ることが出来る。
そして、うつとも関連があることも示されている。僕の体型がそうなのだが、猫背で頭が前に出た体型の人は、肺が悪く、うつ傾向があるようだ。
西洋医学では何も関連が無いバラバラの病気が、見事にまとめられて共通の対策が出てくる。

腎に関してもすごい。腎臓が、生命力の中枢とされている。
そんな馬鹿な。と思うのだが、歯も髪も泌尿器系も生殖器系も神経系も全て腎臓の機能とまとめられていて、歳を取ればその関連がリアルに実感できる。そして、透析患者を思い浮かべると、まさにその通りにも思える。

西洋医学が、どんどん細分化していってゲノムにまで行ってしまったのに対して、中医学は内在性の要因と外来性の要因に分けてその機能に基づいた相互の関係を体系化したものだといえる。
したがって、症状と顔色や舌の色だとか環境だとかそのような情報で、ある程度診断できるわけで、これは家庭医学としてまことに優れている。
体質と養生と栄養学がセットになっているところもすごい。よく中国人が公園でやってる太極拳のような体操もセットになっているのだろう。
西洋医学には、そのような総合的な体系が無いからドッグで早期発見して、手遅れになる前に治療するという方法論になるわけだ。
けっして、素晴らしい方法とは言えない。

しかし、中医学で大病が治ったというのはあまり聞いたことが無い。

 上医は未病を治す。

という言葉があって、その通り予防医学の至言だと思うが、その未病はどの程度のことを指すのだろう?と考えてみて、実は電車の車内広告の一覧表にあるような不定愁訴群は、未病に属するのだろうと思いいたった。
そして、その未病状態は、体のゆがみのような傾向的な物理的状態なのではないか?と考えたわけだ。
その傾向的な物理的な体の状態が歯科に震源地がある!これが、僕のモチベーションの元だった。

スポンサーサイト
代替医療 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/04/10 00:00
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。