FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

雪のスウィング干渉

昨年末はほとんど雪が無く、お正月も降らず、暖冬でいい年だな~と思っていたら、2日から毎日よく降る。
例年とは違って風が無いのがありがたくて吹雪や吹きだまりが無いのが助かるが、雪かきが大変だ。
そろそろ来るな?と思っていたら、やはり来た。
 
 雪のスウィング干渉

奥さんから電話が来て、うちの旦那さんが、歯が痛いんだけど忙しくて歯医者に行けないから薬を出してもらえないか?とのこと。
電話を替わってもらって聞いたら、熱いもので痛くなる。という。
あ、これは神経がやられているから、歯医者に来て神経を取らないとだめだよ。ということで、翌日来院した。

右下の4番が痛いのだが、冠が被っていて虫歯も無い。
熱いもので痛いんだよね?と聞くと、今日はコーヒーで何ともなかったという。
はは~最近雪が多いから雪かきを頑張らなかった?と聞くと、昨日、半日がかりで屋根の雪下ろしをしたという。
終わって家に入ったら、部屋の空気の温度でグーッと歯が痛くなってきたんだ。それで、電話した。

どの歯も僕が治した冠が入っている。右上の犬歯だけなんとなく長く見える。
痛い右下の4がレントゲンでは冠と歯根の方向が少し違う。舌側傾斜した歯を被せるときに起こした形に直したんだろう。
右にあごをスウィングさせたら、その犬歯と4の咬む面が見事に干渉する関係だ。
右前下がりの左前顎位。
犬歯の先を削り、4の咬む面を削って、こんな急性の干渉による時は、後で腫れたりするから薬を出して帰した。

あ~あ。マッチポンプだ。
犬歯が少し長かったのは下の4が傾斜していて咬んでなかったから伸びた。傾斜を起こして歯の配列を整えたのが、かえってスウィング干渉を引き起こす障害物になった。
普段は少し当たるぐらいで10年以上も何事もなかったようだが、大雪と雪下ろしによって強くスウィング干渉したのだろう。
良くしようとしてかえってだめにしてしまう。こういうことは、無数にある。
結局、形だけみるからそんな失敗をしてしまう。
スウィング現象を知らなければ、落とし穴がたくさん口を開けている。
おそろしいことだ。

スウィング現象を知って辛いのは、過去の過ちが見事に暴かれることだ。
歯の治療は難しい。良かれと思ったことが、浅はかであったと気が付くことが多い。


最近の住宅は雪のこともよく考えられているが、昔は大概雪下ろしをした。
2階建ての屋根の雪下ろしはホントに恐ろしい。
雪下ろしで上がったが怖くて屋根から降りることが出来ない!困った!という夢をずいぶん見た。
そんな夢を見なくなったのは、ここ10年か20年ほどに過ぎないような。
それまでは毎年見た。落ちる夢は見ない。怖くて足がすくんで困った!これは、苦しい夢だよ。
不思議と冬じゃないときに見る。
スポンサーサイト
スウィング | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/01/16 12:23
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。