FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

おっぱい

あかちゃんは、Ⅱ級咬合である。

とてもすごい気づきだと思う。
それについてずーっと考えていた。

僕は、鹿児島大学名誉教授 伊藤学而先生に矯正の研究会で時々教わっている。
矯正学を教わっているのだけれど、一番勉強になったのは顎口腔系の成り立ちについての教えだった。
つまり、咬合育成に関する哺乳・離乳・幼児期の問題について。

佐藤貞雄先生の大発見、”赤ちゃんはⅡ級”をそれに重ねて考えてみた。


まずは、おっぱい。

あかちゃんはおっぱいを飲むけれども、吸っていない!
牛の乳しぼりの動画を見たことがあれば解るが、おっぱいはしぼると噴出するのだ。
あかちゃんはそれを受けて飲んでいるだけなのだ。
不覚なことに、僕はこんなことも分からなかった。男だからね~
それじゃあかちゃんは、真っ赤になって汗をかいて何をやってるのだろう?
舌と口を蠕動させて、ちょうど牛の乳を搾るあたりをまるで咬むように刺激しているのだ。搾乳?
それにものすごい力がいる。後は噴出して来た母乳を流し込むだけ。
たしかに、口の脇から母乳が垂れてきたり、あぶくが出ていたりするから、吸ってはいないね。

ところが、哺乳瓶は吸わなければ出てこないから吸う。
全く違う口と舌の動き。

まあ、具体的には分からなかったけれど、なんとなくは分かっていた。
伊藤先生は、この吸綴運動と吸引運動との運動量の違いを強調されていた。解りやすく言っただけだと思うけど。

しかし、元々あかちゃんはⅡ級であごが後退していて、哺乳行為であごが引き出されてⅠ級になるのかもしれないとすると、運動量ばかりではなくて方向が問題だということに気が付いた。
牛の乳しぼりでは、前後に手を動かす。あかちゃんはほとんど咬んでいるように見える。しかし、哺乳瓶で吸いこむときには、舌も口も後ろにしか力を入れないのではないか?

最近の子供は、叢生(ガタガタの歯並び)もさることならば、あごの後退の方が目立ってきている。
佐藤先生の研究とは多分違うとは思うけど、関係ありそうな気がする。
まずは運動量の違い。伊藤先生は”おっぱい顔”と言っていた。たくましい、金太郎のようなはちきれんばかりの固太りの頬。次に運動方向の違いもあるのではないか。とにかく、吸い込む運動は良く無いようだ。

やはり母乳がいいね。
お母さんは、大変だけど。
スポンサーサイト
子供のかみ合わせ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/03/23 00:02
コメント
No title
e-446やっと読破しました。夕焼け先生が読んでもらいたいとおっしゃっている、若い(?)歯医者v-408から、もっと若い先生へ…
最初から全部通して、コメントもとばさず読もう!最低2回は読もう!!そうすれば、歯医者の未来は明るいv-218歯医者こそ、今の日本、いや世界を救うe-271…そのためには、もっと勉強が必要ですが…v-406なりたいな…なれたらいいな…v-406
No title
モモさん。早速読んでくれたのですね。これから一緒に勉強して行きましょう。
No title
また優秀な先生が入ってきてくれました。とてもうれしく思います。夕焼け院長、ラッパ亭先生、これからが楽しみですね。モモ先生、今後もご教示のほどよろしくお願いいたします。
No title
え~~~~e-447私が、教示できることなんて、何もないですi-195i-195赤ちゃんのごとく、訳わからなくても、スポンジのごとく皆様のお知恵を吸収させていただいて…と思っています。よろしくお願いいたしますe-466

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。