FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

あごの性格。

昨年、犬歯の色気の話をした。ドラキュラの話。

今日は、あごの性格。

僕が好きな女優。
 1 カトリーヌ ドヌーブ
 2 イングリッド バーグマン
 3 ミア フェロー
 4 小雪

昔の女優ばかりだから若い人は知らないと思うから、小雪はよく知らないのだけれどもコマーシャルで見る限り好みの顔だからあげた。
みんなよく似ている。相手に左右されない強い個性と、謎めいた雰囲気かな?

高い頬骨と、かちっとしたあごがいい。
フェア ダナウエイや、両ヘップバーンになると、少し頬骨が高すぎる。
僕は、頬骨よりあごのほうが好きなようだ。
でも、4番抜歯して矯正すると、頬骨の張りが少し減って能面のようになって、竹久夢二の絵のような少しさびしい印象の顔立ちになることがあるのは好きじゃない。
頬骨の高さは、健康とか、明るさとか、前向きとかのプラスのイメージと比例しているようだ。

僕が憧れていた男優
    カーク ダグラス 
    images.jpg
あごに縦の割れ目があるのに憧れていた。
笑うな!
う~ん。いまあらためて見ると、なんか黒くて丸い人に目と口が似ている。
余談だが、あの割れ目は”あご割れ目遺伝子”とでもいうものが在って、いくら憧れても遺伝だから仕方が無いらしい。

目に、力が有るか無いかがあるように、頬骨とあごにも形の内に力が有る。
意志の力とでもいったらよいような性格があるのだ。

高い頬骨・しっかりしたあごは、強い性格、確信、強い意志、単純さなどを感じさせる。
逆に、緩やかな頬骨、後退したあごは、優しさ、気の弱さ、控え目、屈折した感情などを感じさせる。

もちろん、ただの印象なのだからホントの性格ではないはずだけれど。

男にとっては優しい女性の方が都合が良いに決まっているのだけれど、なぜかきかなそうなあごが好きだ。
僕は気の強い女が好きなようだ。魅力は圧力から生まれるように思う。


  
スポンサーサイト
子供のかみ合わせ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/10 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。