FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ある天才技工士の破たん

残念でたまらない。
僕が外注していた技工士がラボを閉めてしまった。
病気だから、どうしようもない。
しかし、あまりにも惜しい。天才だった。
僕より7歳ほど若かったから、ラボでは一生苦労することは無いと安心していたのだが。

インレーなどは、試適ですっかり入れてしまうと取れなくなって大変なことになるほど適合していた。
全て単冠のフルマウスの補綴が無調整で入る。
繊細で細かいところまで行き届いた、完璧な審美性だった。

あれほどの天才が、僕の技工をしてくれているのが奇妙だった。
それは、彼の普通ではない性格のせいだったのだろう。
僕も、自分で少し引きこもりであることを自覚しているが、彼の場合は尋常ではなかった。
何か、普通に人と話が出来ない感じだ。
もし、そこが普通だったらかなり名声がとどろいていたはずだ。
技工学校の在学中から、学校始まって以来の天才と言われていたという。

彼は、腕が素晴らしいから仕事がいつもいっぱいで、日に3時間ぐらいしか寝ていなかったようだ。
そのうえ完璧でないと気が済まないものだから、時間があればあるだけ費やす。
すると、納期に間に合わなくなる。
徹夜して仕上げて、自分で運転して私の歯医者に朝一番で届けてくれたことが5回はあった。
事故が心配だから、そのようなことは止めて間に合わなければ電話してくれ。とそのたびにきつく言った。
かけがえのない天才だったから、それは僕自身のために言っただけだけれど。

11月の4日の連休明けに技工物に手紙が添えてあって、今月いっぱいで閉めると書いてあった。
僕は、彼の友人グループ3人にすべての技工物を出していた。
彼のところに昔勤めていた弟子の技工士に電話したが、出ない。
次にかけた義歯を専門にしている友人技工士は、あの技工大好き人間が止めるはずないでしょ!と取り合わない。
それでほっとして、本人に電話したら、リュウマチになってもうこれ以上出来ないという。
そのような奇妙な病気になるのは、無理がたたったということを本人も自覚している。
治療して症状は緩和しているので、仕事が出来ないわけではないという。
それなら、一般診療の高い技工費を取れる仕事だけぼちぼちとやったらどうか?と聞いたが、どうしてものめり込んでしまって自分を抑制できないから、きっぱりやめるために機械器具を全て売り払うことにして、もう契約してしまったという。
ショックだ。目の前が真っ暗になった感じ。

数日して、彼の弟子の技工士に電話して、二人で嘆いた。
僕が、徹夜した後に運転して届けたりするからだ。何度言っても聞かないで5回以上来たんだよ!というと、彼は笑い出した。やっぱり、先生は知らなかったんだね。
夜中の1時に旭川を出る宅急便がある。それに間に合うように持って行くのだが間に合わなくて車を追いかける。そしてついに追いつけなくて、うちの歯医者の玄関に置いて帰ったことが10回はあるというのだ。
途中で追いつくことが出来たことも、たぶんその何倍もあるのではないか?どこまで行って追いついたことか?
朝、僕のところに持ってきたときは、完全に間に合わなくなって5時頃までかかった時で、日常的に1時の宅急便との時間の戦いだったようだ。
旭川と天塩は車で3時間以上かかる。往復だと7時間ぐらい。
7時間も空費したならば、その後はもっときつい時間との戦いが待っているはずだ。
これでは、病気になるのも当然だ。

僕のような凡才は天才にあこがれるが、天才とは本人にとっては天災なのかもしれない。
頭や腕だけが天才なのではなくて、性格と不可分なんだよね~
あごろべえ先生もラッパの先生も気を付けてほしいな。
スポンサーサイト
技工士はアーティスト | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/12/01 00:00
コメント
No title
先生それは残念なことでしたね。
上顎の頬側咬頭が内側に倒れこんで強くあたっているとリウマチになりやすいらしいです。
もし技工士さんの咬合がそうだったら調整してあげてください。そして結果をおしえてくださいね。
No title
ほ~、それは初耳ですな。確かめてみよう。それはそうと僕は怠け者で天才ではないのでご安心を。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。