FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

通達

一昨日、かなりの事件が起きた。
ところが、マスコミは一切報道しないので、たぶん皆さんは知らないだろう。

「がんばれ日本全国行動委員会」という団体が尖閣諸島に船を出して漁業活動をして、それによって領土の実効支配を確立するという活動をしていて、愛国者なのか右翼なのか議論があるが、一昨日農水省の職員に通達違反ということで出航を阻止された。

そこで、「頑張れ日本の」水島幹事長の取った行動は、すごいというか、恐ろしいというか、すばらしいというか、見習うべきというか、そこまでしなくても、と言うべきか?驚いた。

その、通達を執行する農水省の職員に詰問して、相手は反論できず沈黙している。
それに対して、何時間もガンガン責め立てる。
その様子を、Uチューブでネット実況中継した。

僕は、ついその室長とかいう担当者に同情してしまった。
彼は漁業取締法通達違反を取り締まる責任者で、事情聴取してその総合判断という名目で許可しなかったのだ。
つまり、形式的な責任者。
5時間以上も、がんがん怒鳴られて抗議されて、押し黙ったまま立っている。
見ていて、胸が苦しくなった。


しかし、我らの歯科の業界の惨憺たる状態を考えたら、この水島幹事長の覚悟と啖呵はまことに胸が晴れる思いだった。

 通達

一体、どのような法的根拠が有って出されるのか分からないが、全く一方的で理不尽だ。
官僚が、恣意的に決めている。
法律を、議会の審議を経ないまま勝手に換骨奪胎して、自在に操っている。
どれほど理不尽でも、報復が怖くて従わなくてはいけない。
個人で歯向かったら、免許を剥奪されることだってあるのではないか?

残念な日本歯科医師会長の賄ろ事件の後の報復通達はまことにひどかった。
しかし、このようなことは、歯科医師会の特別な問題ではなくて、どの業界も一緒なのだろうと思う。
そこをくぐりぬけて悪いことをする人間が絶えないから、通達を乱発するのだろうことも分からないわけじゃない。
しかし、プライドを傷つけられた悔しさは、積っている。

あの、ジャイアンそっくりな水島幹事長の攻撃の執拗さに呆れつつも、その信念と覚悟には感服した。
たぶん、中央官庁の担当者がこれほどやり込められて、ぐうの音も出なかったというのは、前例がないのではないか?
その上、ネット配信されて世界中どこでも見ることが出来る。
これは、革命 と言ってもいいようなやり方だ。
法的に理が有れば何でもできるということか?あとは覚悟だけだろう。


「チャンネル桜」というネットのホームページの、

…【不法反日水産庁役人】果たすべき仕事もしないまま第一桜丸他2隻の出航を停止![桜H26/6/7]

という動画。


その通達がいつ出たかと言うと、4月1日だという。
歯科の改定といっしょのやりかただ。
それによって、今まで合法だったものが違法になる。
ただ官僚が勝手に判断して、作文すればなんでも出来る。

我々歯科界は、いまだに差額徴収の事件の後遺症の中にある。
あれも、ただの一片の通達から始まったことだ。
材料費より安い保険点数にしておいて、その矛盾をごまかすために出した差額徴収を認める通達。
それが社会で糾弾されると、言葉をちょっといじっただけで廃止できる。
そして、責任は全部歯医者に被せた。
だから、歯医者はいまワーキングプアなどとバカにされることになった。
すべて彼らの陰謀だ。彼らは、一人として責任を取っていない。

水島幹事長は、損害賠償の裁判を起こし、責任者の処分を求めて街宣活動をするそうだ。
頑張ってほしい。
.

スポンサーサイト
あれやこれや | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/06/10 02:33
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。