FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

物証歴然 あざやかな処置

フォローアップセミナーの2日目は、実習。
参加者が自分の歯列模型を持参してモデルになって、みんなで診断実習をする。
僕は、自分の顎位やスウィング干渉部位をすでに知っているから、模型を持参しなかった。
これは良くなかった。自分一人のことしか考えていなかった。
初心の参加者の診断経験のためには必要なことだった。参加した先生方。すみませんでした。
もう一人の先生も日にちを間違えていたようで、あわてて出てきたせいか模型を忘れた。

最初のモデルは、とても解りやすい顎位の先生。
50代後半以降の男は、だいたいそんな感じで解りやすい。
昔の日本の育児環境が影響しているのだろうか。

 顎位は、右後ろ下がりの右前顎位

フットビューという重心計測器上であごろべえ先生が顎位を定めてみたら、重心がきっちり改善した。
この顎位だと、通常は右の臼歯の舌側咬頭がスウィング干渉しやすいはずだと見ていたら、その通り右上7が干渉していた。
口の中を見ると、その歯の舌側の歯肉が歯周病で退縮していて動揺している。なるほど、干渉の力によるものだ。
その上、モデルの先生がこんなことを言う。

 右上6番が痛くなってどうしようもなくて神経を取ったけれど、その後破折したために抜いてしまって1本だけの局部義歯を入れている。

6番が有った時には、その歯が一番スウィング干渉していて、結局抜くはめになったということだ。
さらに、その顎位で次に干渉しやすい傾向がある左下7番も、その通り干渉していた。

 その歯は、インレー(金属の詰め物)が何度も取れるので、仕方が無くてCR(白い詰め物)を詰めている。

と言う。
スウィング干渉の物証歴然。
その先生は、すっかり納得した様子で、そこを削って干渉を取ってくれという。

治療後にあごろべえ先生が、どうですか?しっかり咬めるような感じがしませんか?と聞く。
僕は、患者さんに一度もそのような聞き方をしたことが無い。
なぜなら、スウィング干渉というのは、ただカチカチ歯を合わせたときにはあまり咬んでいないはずの所の、あごのスウィング運動の干渉だから、カチカチしても当たるところがほとんど変わらないはずなのだ。
僕ならば、咬んでいない所を削っただけだから、カチカチしてもほとんど違いが判らないでしょう?と言って、肩を触診してこりが取れたことを確認してもらう。
ところが、最初は首をかしげていたがしばらくして、しっかり咬めるように感じるという。へ~そうなんだ~間違っていたな~
腰のだるさも取れてきて、目が明るくなって視野が広がった感じだという。
それは、よく解る。患者さんはみな同じようなことを言う。

このモデルの患者さんは、自分の腰の仙腸関節(骨盤)に問題が出てきたせいで顎位を変えただけで重心計測器の表示が変わったのですね?と聞いてきた。
この機器を買ったばかりの僕が、この前さっぱり理由が解らなくてあごろべえ先生に聞いたことだ。
後から来る人は、努力が10分の1ぐらいで解るようになる。
これが、進歩と言うもなだな~


スポンサーサイト
初めまして | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/22 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。