FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

フォローアップセミナーを受けてきた

ゴールデンウイークに、あごろべえ先生のフォローアップセミナーを受けてきた。
おどろいたことに、静岡県は新幹線で通り過ぎるだけで、一度も観光したことが無かった。

あごろべえ先生が開業している富士市で見た富士山は、まことに立派だった。
セミナーが終わってから、うちの奥さんと一緒に美保の松原も見てきた。
あごろべえ先生が車で送ってくれたが、地元に住む人の常で行ったことが無かったそうで、場所を間違えたのか連れて行ってくれたところは観光地の端っこだったようだ。
天塩の浜のように土産物屋さんなどが何も無い自然な景観を見ることができて、とてもラッキーだった。
良い天気で、富士山が見事に良く見えた。

翌日は、朝にうちの奥さんと2人で富士宮の白糸の滝を見て、昼食は三島の有名なうなぎ屋さんの行列に並んで、熱海の温泉に泊まって、けっこう優雅な勉強だった。
三島では小雨模様だったけれど、それがまた街中を流れる富士湧水からの小川の清流と合っていて、とても風情があった。

いつも、セミナーに行くときはぎりぎりのあわただしい旅になるので、連休の休みの前半の2日間だけという日程はまことにありがたかった。
このセミナーが無ければ、一生静岡県に立ち寄ることが無かったかもしれない。

          富士山  

 美保の松原 昔の銭湯の壁の絵の源 懐かしいような

          白糸の滝 

 三島の疎水

今回のセミナーもまた、歴史的な発見の初演に立ち会えたようだ。
あごろべえ先生は、セミナーのたびに新しい大発見を披露してくれるが、今回はまさに超ど級だった。

 赤ちゃんのはいはいから老人になって立ち上がれなくなるまでの、個体発生の流れの解析から法則を見出した。

ついに、そんなところまで行ってしまった。
咬合論の先生は沢山いるが、たぶんどの先生も一瞬も考えたことが無いような根元的な解析だろう。

富士山の伏流水が湧き出てくる泉のように涸れることが無い。驚くべき天才だ。
「モーツァルトとサリエリ」では、あの悪名高いサリエリはモーツァルトの新作を誰よりも楽しみに待ち望んでいたということになっているが、まさに僕はサリエリだ。
僕がありがたいのは、サリエリのようにその価値がよく解ることだ。誰よりも?
それに、嫉妬出来るほどの才能を持ち合わせていないことも。
スポンサーサイト
初めまして | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/07 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。