FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

幻歯痛

あごろべえ先生。コメントありがとうございます。

幻歯痛という言葉があるのを初めて知りました。

 phantom tooth pain

何かオペラ座の怪人みたいな感じで、怪しい雰囲気がいいですね。

しかし、それはやはり他の歯の痛みを、昔痛んだ記憶から抜いてしまった歯の痛みと錯覚しただけなわけですね。
幻肢痛というものは、腕が無いのに、無いはずの腕が痛むという症状なようですが、よく考えると腕の付け根はたぶんある筈なのです。
そこの神経の断端の痛みを、無い腕のある部分の痛みと錯覚しているわけですね。
だから、歯が全て無くなった総義歯患者には歯が痛むという訴えが全くないわけです。
総義歯患者は、総義歯になって良かったことは二度と歯の痛みに苦しむことが無い事だ。とよく言います。
歯というものは抜けるように出来ていて腕の断端のような痕跡が全く残らないので、痛みを感じる部分というものがどこにも残らないからです。

総義歯患者に幻歯痛は無いはずだ。
そう考えると、やはり舌に何か原因となるものがが無いと、怪我も無いのにそこが痛いと感じることは無いのではないか?
口が爆発するなどという症状が、口爆発症と言わずに舌痛症と分類されるのは、最初は舌が痛いだけだったのに次第に症状が拡大していったということなのではないかと思う。

 火の無いところに煙は立たない。

必ず、舌に問題があるはずだ。
スポンサーサイト
舌にまつわる問題 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/01/18 00:00
コメント
はじめまして
こんにちは、夕焼け院長先生。ももと申します。舌痛症と診断されて9カ月になります。虫歯の治療後、突然発症しました。歯医者から「大きな病院の口腔外科へ行ってほしい」と言われ、お茶の水の医科歯科大の口腔外科へ行ったところ、ペインクリニック科に回され舌痛症と診断されました。歯の治療後に発症したのだから心の問題ではないとどうしても納得できず、別の歯医者へ行き、9か月かけて丁寧に歯を4本治療し治していただきましたが今だ治る気配がありません。自分では安定している人間だと思っていたのですが、最近ではやはり心の問題なのか?とも思い始めてきました。でもうつ病の西洋薬は飲みたくなくて、今は漢方医のもと「加味逍遥散」と「苓桂朮甘湯」を飲んでいます。毎日「舌痛症 治った」と検索しても治った方を探し当てられません。もう治らないのか?と愕然としていたところ、夕焼け院長先生のブログを拝見し、治るのかもしれないと希望が見えてきました。…しかし私の住まいは東京ですので、遠くて通えないのがとても残念です…。でも、治った方もいるという事実がとても嬉しかったです!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。