FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

おすすめのセミナー 続き

昨日、夢のような矯正治療を紹介した。
装置の名前は、KTAという。
カズヨシ トグリ アプライアンス。
特許も取得している。

この治療は、矯正咬合医療というとおり、歯列矯正だけではなくて、うつやいろいろな愁訴の治療にその真価を発揮する。
矯正治療によって、病因を根本的に解決する治療システムなのだ。

例えば、僕が考えた応用はこうだ。
Ⅰ級だけれど、睡眠態癖なんかで大きく顎偏位していて、側弯症とか、学校に行けないとかの子供の治療。
上顎の普通の拡大床にKTAを組み込む。
すると、症状は最初から改善するし、少し拡大して上顎にゆとりを持たせながら顎位を良い顎位に維持させると、そこの顎位に定着する。
そのあと、その顎位でワイヤーで仕上げれば、すっかり顎位を変えることも出来そう。
まあ、そこまでする必要があるかどうかはさておいて、とてつもない可能性を持った装置だと思う。

なにより、最初から症状が改善して、ワイヤー交換などのたびの痛みや装置の異物感がほとんどないのがいい。
(拡大床が必要で、それを使うときにはかなりの異物感はあるが。)
ワイヤーは、ごく細いものしか使わないという。
優しい治療だ。



くうにゃん。
少しタイミングがずれていたら、くまごろう先生にこの治療で、あごなど切らずに優しく治してもらえたのに。
仕方がないね。
いまから再矯正してもらうのはどうだろうね?
この優しい方法なら、途中で想定外の症状が現れるようなトラブルは起きないように思うけど。
やはり、おっくうだよね~ いまとなっては。

スポンサーサイト
子供のかみ合わせ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/06 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。