FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

根拠

咬合と全身 には、エビデンスが無い。
だから、歯科医はそのような怪しげなことに首を突っ込まずに、EBMに従って、オーソドックスな間違えの無い診療をしなさい。
元々歯科医は、顎口腔以外に治療する権限は与えられていないのだから、法律に従いなさい。

歯科界の指導的な立場の人は、このように言うのが常だ。
これは一見間違いのない正論のように思えるが、そうだろうか?

現代の医学は、高度に専門化されていて、非常に細かく科に分かれている。
しかし、人間は部分に分かれていて、それぞれが独立して活動しているわけでは無い。
簡単に言えば、心臓が止まれば他がどんなに健康でも意味が無い。
無理やり機械で心臓を動かしても、脳が機能しなければ植物状態だ。
それじゃ、心臓が動いて脳が機能出来たらいいかというと、体を動かすことが出来なければ生かされているだけであることも否めない。
人は、システムとして生きている。
制度が勝手に体に線引きして、縄張りを決めているだけだ。

EBMというのは何かおかしい。
特に、歯科においては修理法としてのEBM以外存在しない。
例えば、歯に冠を被せるとしよう。
赤い紙でカチカチやって、その後患者さんにどうですか?と聞いてみて、ええ先生なんでもないようです。
極論を言うとこれしかない。
いえ、先生とっても具合が悪いです。
こう言われたらどうするか?
肩がこります。頭が痛くなりました。めまいがします。
そんなことを言われたら?

咬合と全身にはエビデンスが無いのだから、歯医者はそれを調べたことが無い。
権威が意味が無いと言っているのだから、自分には責任が無い。
要するに、診断して治療して、その結果の検証は、赤い紙と患者さんの言葉以外に何かあるのだろうか?


患者さんが気が付かなくても、そうなっているかもしれない。
なぜなら、前回説明したキーティースを治療しているかもしれないのだ。
その前に説明したスウィング干渉を起こしやすい歯を治療しているかもしれない。

歯科治療に関係するシステムとしての人体を理解して診査できなければ、その治療に根拠は無い。
つまり、根拠に基ずいた治療というのは、全体とのかかわりを抜きにしてはありえない。
医者だって細かく科に分かれていて、たとえば消化器科は歯医者の仲間だ。
口から肛門までが消化器官なのだから。
どちらが上とか言っても意味が無いけれども、胃腸科よりも歯医者の方が学ぶ内容も多くて大変だと思うよ。

別に、歯医者が医者ぐらいの体の勉強が必要だと言うわけでは無い。
そんな勉強はいらないと思う。
歯科というのは、力学器官を扱っているわけだから、筋肉を診る必要がある。
医科にそんな診査は無いのだから、施術の診査法を学び取り入れなければ、歯医者の治療は検証が無いやりっぱなし状態から進歩出来ないはずだ。

EBMは、口腔外科と歯内療法学と歯周病学の一部、つまり純粋な修理法以外には意味が無くて、勉強しないための言い訳でしかないのじゃないか?
スポンサーサイト
エビデンス | コメント(3) | トラックバック(0) | 2013/07/05 00:00
コメント
No title
お~。今回は核心に近づきましたね~。我々がうまく説明できない所を説明してくれました。頭いい~。
No title
咬合と全身 には、エビデンスが無い。
だから、歯科医はそのような怪しげなことに首を突っ込まずに、EBMに従って、オーソドックスな間違えの無い診療をしなさい。
元々歯科医は、顎口腔以外に治療する権限は与えられていないのだから、法律に従いなさい。
このように言う大先生は多い。経験が無いのだろうか?このように突っ込まれるとその先を話す元気が無くなります。まるで、こちらが犯罪者のような追及をしてきますね。
咬合を理解していないとEBMは出ません
咬合そのものを理解している大先生は一人もいないからエビデンスが成立しないんですよね。
「エビデンスが無い」と言っちゃう人は「私は咬合を理解していない」と言っているわけで「私は素人です」と自供しているのと同じです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。