FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

アイスの棒でむし歯が出来た?

思い出した。
もう一つ、変わったむし歯を見つけたことがある。

右上の中切歯の近心隣接面の歯頸部の少し上に幅1,5mm高さ1mmほどの楕円形の浅いむし歯を偶然見つけた。
たまに、下顎の前歯に似たようなむし歯というか穴を見つけることがある。そんな感じ。

あまり見たことがなかったので、お母さんに何かこの歯に強い力が掛かる癖はありませんか?と聞いてみた。
すると、お母さんはとても以外なことを言った。

 アイスを食べた後、棒を根元まで順に噛みちぎる癖がある。

その歯だけで咬んでいたと言う。

へー いろんな癖があるんだね~
話を総合すると、アイスを食べて棒をかじったのはひと月ぐらいだそうで、毎日2本棒を噛み千切ったらひと月でむし歯が出来たことになる。


うちの子は歯医者の子だから、あまりむし歯が無いのだけれど、一人だけむし歯だらけだった子がいる。
すべて隣接面う蝕で、コンタクトがスポッと穴が開いていた。僕は、その子にぶつぶつと文句を言いながら治した。

その子は、硬いものをかじるのが癖だった。
ただ硬いのじゃなくて、咬みきれないものをかじり続ける。
そんなことが好きだった。
電気ごたつのコードを咬み続けて、被覆が剥けて線が露出してショートして、すごく怒られた。
今は、あごがL字なのを気にしている。そんな筋トレを続けたらそうなるでしょう。
僕はしっかりしたあごがタイプだから好ましく見えるけど、韓国では顎の骨を削ってあごをほっそり見せる美容整形が流行ってるぐらいだから、いまごろの女の子は気になるようだ。


むし歯が減ってきたのは食べ物ばかりじゃなくて、しの字の筋力が弱いタイプだから歯に強い力が掛からないからという要因も働いているからかもしれないな~とも思う。
学校検診での印象は、確かにそんな傾向があるように思える。
しかし、しの字ではないしっかりしたあごの子は、反面歯口清掃が良くない傾向があるようだ。
お母さんが、昔ながらの手をかけない育児をした結果であることが多く、おやつや生活習慣のしつけにも無頓着なようだ。
ドリコタイプとブラキータイプでむし歯の統計を取れば有意差があるように感じるけど、お母さんの傾向の差になりそうで意味が無いかな~

 
スポンサーサイト
歯の問題 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/11 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。