FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

雪が降る前に来院する患者さん

入れ歯の患者さんは、高齢になっている人がほとんどだから、雪の期間を避けて春と秋に来院する。

雪が降る前にと思って・・・といって、80歳台の半ばの患者さんが来院した。
右下の犬歯がいつも痛くなる。治療してもらわないと、雪が降ったら通いづらくなるから・・・

一月前の話。
去年も同じ頃、右上の側切歯と犬歯がいつも痛くなると言って来院した。
一昨年も同じ。
3年連続同じ時期に、同じ訴えで来院している。
歯は、全く何んとも無い。納得させるために毎度X線を撮っている。

なぜ、その歯が痛くなるかというと、そこにしか歯が無くて、しかも入れ歯を外して寝るからだ。
入れ歯を外すとそこしか咬まない。
そこでくいしばって寝てしまうと痛くなるのだろう。

入れ歯を入れたら、そこはほんのわずか咬まないように作ってある。
入れ歯はピッタリで何の不自由も無いという。
入れて寝る様に指導しているし、来るたびにその話をして返す。

 あら、そうなんですか?入れ歯は入れて寝たほうが良いんですか?

驚いて、これから入れて寝ます。と言う。
3年連続、驚いて帰る。
ぼけているわけではない。とてもしっかりしている。
しかし、テレビの入れ歯洗浄剤のコマーシャルに洗脳されてしまうのだ。
年に1度訪れるだけの歯医者が何んと言っても、毎日そのコマーシャルを見ていたら半年もしないうちに洗脳されてしまうのだろう。
スポンサーサイト
入れ歯とのくらし | コメント(1) | トラックバック(0) | 2012/12/17 00:00
コメント
No title
僕も入れ歯は装着して寝るように指導し始めて久しいのですが、一般の歯科医師は外すように指導している先生が多いようですね。そもそもカルテ用コンピューターの義歯指導文書にも「原則的に夜は外して寝ましょう」と書かれています。話は少しそれますが、食べる時だけ義歯を入れるより、食べる時だけ外したほうがマシだと思っていたら、正にその通りだった。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。