FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

歯が折れた原因

歯が折れるのは、強い力が掛かったからだけれども、それだけでは折れない。
歯が、硬くなりすぎて柔軟性を失ったからだ。

歯の象牙質という内側の歯質は次第に石灰化して、硬くなっていく。
それは、むし歯にならないためだろう。

子どもにむし歯が出来やすいのは、歯が柔らかいからだ。
柔らかいから、咬んだ時に当たっている所の柔らかい象牙質が少しへこむ。
それを繰り返しているうちにそこの歯質が変性していき、さらに、表層の堅いエナメル質に支えが無くなるためにヒビが入ったり、ごく小さな穴があいたりする。
それが、最初の始まりなようだ。

だから、少しずつ硬くなっていくようになっているわけだ。
むし歯を防ぐためだ。
その硬さのために、柔軟性を失って欠けたり折れたりするようになる。
そして、力が加わるところほど硬さが増していく。

あのおじいさん。
>上の中切歯2本がむし歯で詰めてあったのだが、先の方のむし歯だからか詰め物が頻繁に欠けてくる。
数か月に1度詰め直していたが、いよいよ先の方の欠け具合がひどくなってきて、仕方が無く被せることにした。
それが、3年前のこと。
その歯が、2本とも根元から折れてきた。
1本は神経が死んでいて、もう一本は折れて短すぎて被せられないから、土台を立てるために神経を取った。

根元から折れても神経が露出しなかったのは、石灰化が進んで神経の穴が小さくなって行ったからだ。
それだけ、昔からその歯に強い力が掛かっていたということだ。
それは、うつむき加減の姿勢によるあごのブランコのスウィングの力による。

つまり、折れる前の詰めても詰めても取れること自体が、その除夜の鐘を突くような繰り返しによるものだったのだ。

これで、全て解析出来た。
入れた前歯が取れて困った原因は、ポカンと口を開けて猫背で歩いていた幼少期までさかのぼることが出来るということだ。

ホントかね~

たぶん。

スポンサーサイト
スウィング | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/10 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。