FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

出っ歯の原因

よく前歯が取れてくる患者さんがいる。
そのような患者さんは、多分うつむき気味に歩いているのじゃないか?

そう思って、よく前歯が取れてくる患者さんのかみ合わせを思い出してみたら、出っ歯、反っ歯の人がほとんどなことに気が付いた。
上の前歯が出っ張っていて、下の前歯は上の前歯の根元あたりに咬み合っている。
矯正の分類では、Ⅱ級の被蓋が深い上顎前突。
ほとんど、根元の辺りにしか咬み合っていないのであまり取れそうなイメージが無いのだけれど、よく取れてくる。

このような患者さん、なんで出っ歯になったんだろう?
そう考えると、不正咬合の原因に思い当たる。
このような、Ⅱ級の上顎前突の人は猫背で頭の位置が前にあることが知られている。
そのような姿勢で、なおかつうつむき加減に歩く子どもが被蓋が深く下の前歯が上の前歯の根元に咬みこんで、反っ歯の出っ張った不正咬合になるのじゃないか?
同じように猫背で頭の位置が前にある子どもでも、上を向いて歩く(鼻が悪かったりして気道を確保しようとして)子どもは、被蓋が浅くそれほど歯が反っていなくて下あごがより後退している(いわゆるアデノイド顔貌)。

これは、下あごのブランコのスウィングの影響だということが解る。
頭が下向きだと、ブランコの前に揺れる途中でぶつかるから、より出っ歯、反っ歯になる。
頭が上向きだと、ブランコが前に揺れて戻る辺りでしかぶつからないから、そんなに歯は出っ張ったり反ったりしない。
その代り相対的に後ろに揺れが集中するから、あごは後ろに回転して被蓋が浅い長い顔のⅡ級咬合が出来上がる。
これが、Ⅱ級不正咬合の成り立ちなのではないか?

ニワトリが先か卵が先か?
かみ合わせと姿勢と、どちらが先なのか?
スポンサーサイト
スウィング | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/04/23 00:00
コメント
No title
姿勢に1票。もちろん相互作用はしているが、寝かせ方を含め
歯が生える前から頭は持ち上がっているのだから、この時期から正しい無理のない育ちをさせてあげないと、崩れてくる。
先日1歳1か月でClassⅡdiv2の相談に来られてました。うつぶせ寝が原因と考えます。とりあえず治療はオシャブリで…

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。