FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

入れ歯の違和感 hazelさんへ 患者さんへ

 入れ歯は、憂鬱なものです。
それは、自分では無いから。

僕は結婚した当初は隣で寝ている奥さんが気になって、夜中に何度も目が覚めた。

違和感というものは、そういうものです。
自分以外と一緒に暮らすことは、望んだことであっても、なかなか慣れない。
まだ入れ歯と新婚2カ月では、戸惑いの方が勝るでしょう。

慣れる秘訣は、楽しむことです。
誰かが、ピッタリ寄り添ってくれる感触を楽しみましょう。
そのうちにそれが当たり前になり、元の日常に戻ります。
いっしょに居るのが日常になります。


しかし、入れ歯はすぐに合わなくなる。
それは、入れ歯が合わなくなるわけじゃなくて、人が入れ歯に合わなくなる。
なにせ、抜いた後の骨の穴がすっかり埋まって安定した状態になるには1年も掛かる。
最初はどーっと、次第に速度を緩めて歯茎の高さが減っていく。
だから、隙間があいてくる。
上あごなら1年もたてばもう大丈夫だけれど、下あごの骨は歯が無くなると永遠に減りつづける。
だから、定期的に歯医者に行って、減った分を入れ歯に足してもらわなければいけない。

ポリグリップのコマーシャルは、そのような正しいことは教えない。
挟まる、緩いは当たり前。入れ歯なんてそんなもんだと言ってる。
歯医者は形だけ作れば、後はこのゴム粘土を付ければいいんだ。
そのようにして、楽に、歯医者全体のの何倍も儲けている。

患者さんは、歯医者で3割払う代わりに、10割払って買い、そのせいで別な病院にも掛かっている。

テレビの通販は、サプリ一色。

若い世代はそうじゃないけど、年寄りはテレビに弱いんだよね~
企業は、儲かりさえすれば良い。
詐欺師の時代だ。どうしょうもない。





スポンサーサイト
入れ歯とのくらし | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/07/05 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。