FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

舌の痛みが遠のいて行って、口の中が涼しくなった

3年前に、道を歩いていて相談を受けたおばあさん。

舌がピリピリ痛くて、病院で軟膏を貰って1年塗っているのだけれど、良くならない。
口内炎でも歯医者で治せますか?

患者さんは、口内炎は内科に行くものだと思っている人が多い。
歯科は、歯だけ修理する所だと思っている。
1年も続く口内炎なんて?そのお医者さんも?
でも、歯医者に来ても、ステロイドの軟膏を出すだけだから同じだけど。
韓流ドラマ「チャングムの誓い」では、王様に口内炎が出来たと言って御典医たちが深刻な顔で相談していた。
中医学的にみると、心火が亢進している兆候なのか?脾臓に問題があるのか?と心配しているわけだ。
西洋医学では、口内炎はせいぜい1週間ぐらいで自然に収まるから、気休めに痛みが緩和する軟膏を出して一件落着。
やはり、口内炎がたびたび出る人は、中医師に診てもらうのが良いだろう。
体質や、生活習慣の問題が判るのではないか?

話がそれた。
もちろん、1年も口内炎なら、とんでもない病気の随伴症状だろう。道で相談不能。
いわゆる舌痛症。
入れ歯を入れてないでしょう?と聞くとすみませんという。
まず、入れ歯を入れないとだめですよ。

患者さんは、道で転んでむち打ちのようになって首と肩が痛くて半年ぐらい苦しんでいるうちに舌が痛くなってきたという。
ちゃんと、自分で関連に気が付いている。問題は首にあるのだ。

入れ歯を入れたら、当然だけれど肩こりは楽になって喜んだが、舌の痛みは取れない。
まあ、たぶんそうだろうと思っていたから、あごのズレを治す装置を入れた。
すぐに痛みが薄らいで、3カ月ほどで解消した。

このおばあさん、肩がこってきたとか、舌が少し変だとか言ってたまたま来院する。

今回も、だいぶ前から肩がこってきたけど、3日ほど前から舌がピリピリ痛くなってきたと言って来院した。
装置には問題なさそう。あごがやせて入れ歯が合わなくなったのだろうと思ってカルテを見たら、ほんの半年前にリベース(やせた分をピンクの床に足すこと)している。
あれ?変だね?
心臓が動悸を打って、具合が悪くて3~4ヶ月で5kもやせたという。
運動で体を絞っても入れ歯は大丈夫だが、病気になるとてき面にあごはやせる。
適合検査剤を、入れ歯の下に安定剤のように入れたら、ひどかった左の肩と首の横のこりは取れた。
それで、リベースした。
肩こりは取れて、装置を入れたら、「舌の痛みが遠のいて行って、口の中が涼しくなった」という。
このように、ほんの少し合わなくなっただけで肩こりや腰痛など体に症状が出てくるが、入れ歯が合わなくなったという自覚は無い。
もっと合わなくなって、入れ歯が当たって歯肉に痛みが出てきたり、ゆるくなって初めて自覚が出てくる。
だから、入れ歯の管理を本人の申告に任せてはいけない。
定期診査して、肩や首を触診して維持管理しなければいけない。

でも、これは舌痛症ではない。きっと、そうなんでしょう。
舌痛症の定義が、歯科的に問題がないのに起きる舌の痛みならしいから、歯科治療で治ったならば違うようだ。
そういえば、舌の痛みを治しても、保険点数はあるのかな?考えてみたら、請求方法が分からない。

とにかく、入れ歯とのくらしは大変だ。
すぐそりが合わなくなる。それは、自分が変わっていくからなんだけれど・・・相手のせいじゃないのよ。
一度合わなくなると、男女のようにすぐ仲直りすることはない。
しかたなく仲直りするのは、歯医者に行って別な相手をあてがわれたけれど、よりひどい奴だったとき。
元の鞘に収まるというやつ。不満のかたまりだったのが、いいところもあったなんて思い出す。
また、もう歳なんだから、適当なところで我慢しなくちゃなんて考えたりして。
患者さんはすぐこんな考えに傾いて、歯医者に行く代わりに整形外科や脳神経外科に行って痛み止めをもらい、整体や鍼やマッサージに通っている。



まあ、これもエイプリルフールの続きの、うわの空の妄想?
堅苦しく考えないようにしよう。



スポンサーサイト
入れ歯とのくらし | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/05/15 00:23
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。