FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

hazelさんの疑い

GWが終わって、今日からよろよろと仕事。
いつもは張り切って仕事しているのに・・・
余暇とは言えないね。
1日前に帰ってきて、昨日はゆっくり休んで備えたのだけど・・・
患者さんごめんなさい。


治療を繰り返すと奥歯は低くなって噛み合わせが狂ってるのでは?と思います。

hazelさんは、良く分かってますね。
よほど気を付けてもこのようなことは起こる。
少しづつずれていく。赤い紙ではしっかり咬んでいても、ほんの少し低くなっている。
このようなことは、何となく感じていても診査法が無かった。
肩と首の触診をすれば、良く分かる。

仮歯が入っているとき。外したとき。出来た冠を入れたとき。冠の調整途中や、調整後。
肩と首を触診すれば、間違いが起こらない。
僕は、危なそうなときにはそのぐらい細かくチェックする。

つまり、こういうことだ。
歯には、すごいセンサーが付いている。
すき焼きを食べたら、豆腐と肉を一瞬で判断して噛み方をコントロールしている。
ご飯の中に髪の毛が1本入っていても分かる。
しかし、歯を治療することを前提にして体の知覚神経が出来ているわけではないから、低い場合はそのセンサーが感知出来ないから分からない。
歯のセンサーの役目は、自分(歯)を守ることだけなのだと思う。

歯は頭を支えている。

その頭の位置の調節をする筋肉を触診しなければ、頭のバランスを損ねたかどうかは分からない。
僕達や、くうにゃんや、hazelさんが問題とするかみ合わせというものは、頭のポジションのことなのだ。
頭のポジションの不安定が、病気の元。それは元であって、病気ではない。つまり、未病。
ここに思い至らないと、安心して治療することが出来ない。いつも不安でいっぱい。
なぜなら、口の中では、しっかり咬んでいる。それなのに、患者さんは具合が悪そうに見える。
心身症でしょう。ストレスでしょう。神経質な人なのでしょう。
なんか疑い深そうな人だ・・・職場や家庭に問題を抱えているのではないか?
こんな話題が出てくるような時は、大概そんな問題が起きている。
患者さんに、とても失礼なことだ。
しかし、歯科医学のエビデンスだけを金科玉条にしているのならば、そうとでも考えるしかない。

僕は、もし癌になったら治療しないつもりだと言った。
その時には気が変わるかも知れないけど、もうそれなりな齢になったから。闘病したくない。
こんな気持ちの人は、結構多いのじゃないか?
歯科ばかりでは無くて西洋医学全体が、テクノロジーは進んでいるが智慧のない状態にあるように思える。
それは、仕方がないのだろう。
目の前にいる患者さんをなんとかしなければいけない。
原因からアプローチする時間など無い。とりあえず・・・
その患者さんが治るか来なくなるか死ぬかすると、その問題は片付いて、次の患者さんの問題に対処しなければいけない。
医療というものは、そういうものだ。
目の前の患者さんの問題に責任を取らなくてはいけない。余裕が無いのだ。
そのようにして、数十年もの医者・歯医者人生が通り過ぎて行って、氷山のようなわだかまりが胸の中に残ることになる。
勉強が出来ると、周りはよってたかって医者にさせるけど、余計なおせっかいだよね。
お医者さんは気の毒だ。いい思いをするのは奥さんだけだと思う。
歯医者は少し楽だ。ありがたい。


GW。旅行に行って、重いカバンを肩に掛けて歩いていたら、少し腰が痛くなった。
ひどい症状じゃない。今はかすかなはりがあるぐらい。
もうひとつ。前歯の詰め物が取れた。(僕も子どもの時は歯医者じゃなかったから、むし歯で治療している。)
この二つは、関係があるかもしれない。
たぶん、歯の詰め物が取れたから腰が痛くなったのじゃない。
片方に重い荷物を下げて重心バランスを取りつづけた。その、歪みエネルギーが、腰と歯に作用したようだ。


スポンサーサイト
エビデンス | コメント(1) | トラックバック(0) | 2012/05/07 00:00
コメント
No title
こんばんは、夕焼け院長様。

口の中、髪の毛1本でも解るのですが、高低は脳が騙されるのか、治療してしばらくすると慣れてしまいますね、慣れると言うか体のあちこちがバランスをとって合わせてるのかな?赤い紙をカチカチする時、診察台をリクライニングにして、さらに頭の所を後ろに倒してやるのが疑問なのです、食事をする時は頭は垂直ですから、カチカチする時は垂直の方が良いと思うのですが、これは素人の考えなのでしょうか?単純に頭を後ろに倒した時に顎の位置が変わる様な気がするのですが~
そうそう、1本入れ歯取り外しも慣れましたわ。

会社の同僚はさらに歯の状態が悪化、奥歯7番の詰め物も取れた!さすがに今日、以前通ってた歯科医院に行った様ですが、その歯科医院の院長の言動がここでは書けない、私にしたら疑問だらけなのです、彼女が選んだ理由は『痛くない治療、笑気ガス使用』との事、歯医者が怖くて、凄く悪く痛くなってから通ってたみたいで、笑気ガスを使用して治療してもらってると言ってました、彼女の母親は60才代ですでに総入れ歯で、歯医者嫌いは母譲りの様です。

連休は実家に帰省しました、高齢者が多い過疎の町で(平成の大合併で町になりました、元は村です)脚、腰、膝が悪い人が多いです、背骨がS字、猫背、腰がくの字に曲がってる、ペンギンの様に後ろに両手を伸ばしてバランスを取ってる人、皆さん整形外科に通っても治らないと嘆いています。
歯の治療をちゃんとしてたら、もっと違った今になってたかもしれませんが、その歯医者さんも全身との関連を考えて治療してくれるとこは、悲しいけど近隣にはありません。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。