FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

やじろべえ主義

神という原理があるかないかだろうね。それがあるから、正義がある。
仏教は個人の悟り、内面の問題だから、現実に自分を合わせる。他人にとやかく言わない。
信仰を持っているかどうかではなくて、それぞれの民族の歴史・宗教によって思考形態の大枠が出来てしまう。
そこからはなかなか逃れられないな~


キリスト教が、科学を生みだした。
神の創造の秘密を知りたいからだ。
素粒子やビッグバンや遺伝子を発見した。

一方、仏教はそのようなことは一つも発見していない。
釈尊が、そんなことを考えているうちにあなたの人生は終わってしまう。
世界の原理を知ろうとするより、今目の前にある自分の問題を解決するべきだと言ったからだ。
実存の問題を、個人レベルで解決しようということだ。
因縁で成り立っている自分の執着による迷いを取れというわけだ。

これこそが、エビデンスと真景の関係なのではないかと思う。
2つの尺度がある方が良い。
唯一神を前提にするなら、必ず原理主義になるはずだ。排他的。御老公の印籠。押しつけ。
しかし、個人レベルの悟りには別な副作用がある。他から見ると怪談のように合理性が判りずらい。
因果応報の真景であることは間違いないのだけれど。

やはり、2大原理のどちらか一方を取ると、片手落ちになるように思う。

神も仏もいるんじゃないかな~

宗教の話に拒絶反応を示す人とは僕は付き合いずらいけれど、布教しようとする人はもっと困る。
ヤジロベエのように揺れていることが生きているということなのじゃないか。
カタッとどちらかに傾いてしまった人とは、話ずらい。
止まってしまっているから、少しぐらい押しても引いてもびくともしない。
考えてみると、ヤジロベエの原理というものは、人が立つ仕組みばかりではなくて心のありようにも働いている。
心はいつも揺れている。
とても楽しく一杯やっていても、突然奥さんが機嫌を損ねたら、大揺れになりしばらく振幅が収まらない。
株だって、みんながパニックになって売った時が底値で、まだまだ青天井でどんどん上がると思ったときが天井だ。
どちらかに振れが大きくなるほど、揺り戻す力が大きくなる。
それに、ただ揺れてバランスを取っているだけなら中国の太極図や碁のように相対的な価値観しか無いことになって、つい儲けたほうが勝ちだという気持ちになってしまうが、あごのヤジロベエは前に進むベクトルを内包している。
人間は、前に進む。
常に揺れながら立ち続けて前に進む人間の立つ仕組みであるあごのヤジロベエが、人間の存在の根本を制御する原理なのかもしれない。
なにしろ、頭を支えている仕組みなのだから。
あごろべえ先生がそう言っていたような。

○○主義というのは、無数にある。

帝国主義、資本主義、社会主義、共産主義、自由主義、実存主義、構造主義、原理主義、楽観主義、独身主義 etc

僕は ヤジロベエ主義者 であると宣言する。



3回にもわたって、意味も無いことを書いてしまった。
僕は、いつもこんなバカなことをうわの空で考えてしまう癖がある。
人間は、いつも何か考えていないといられないから、経営のこととか子どものこととか考えなくてはいけないことを考えるのがうっとうしくて、頭の中を別の空虚な論理で埋めておくような気がする。
ブログを書くようになって、一度書いておくともう同じことをグルグル考えないようになることに気が付いた。
要するに、誰かに言わないと整理がつかないんだね。
この手の話は、喜んで聞いてくれそうな人もいないし。
それで、とにかく書いてみたのだけれど、さすがに恥ずかしい。
この次からは、きちんと歯科に戻ろう。
スポンサーサイト
やじろべえ | コメント(3) | トラックバック(0) | 2013/01/24 00:00
コメント
No title
いやいや、とても参考になるご意見だと思って読んでいますよ。制度が限界に来ているとか、寿司は寿司屋が握ったほうが美味いとか、その裏に潜んでいる構造を想像出来る内容だと思います。
No title
新しい物理療法は仏教医学と言い換えることが出来るのではないでしょうか。
詳しくはありませんが、臨床上の様々な気付きは仏教の教えそのままですよね。
No title
こんばんは、夕焼け院長様。


とても同感する記事です。「心はいつも揺れている」そうです、揺れるに任せて、現実に行動を起こさないといけないことを後回しにしてしまってます。私もヤジロベエ主義会員です~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。