FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

無縫冠は、なんて素晴らしかったんだろう~

金冠講座もう少し。

患者さんは、よく途中で来なくなる。
特に多いのが、神経を取った後と、型を採った後。

神経を取った後というのは、まあわかる。痛くなくなったからね。
でも、型を採った後は、次には入るだろう!お前はバカか?

半年か、一年後に来た時には目も当てられない。
虫歯になっているか、仮歯が取れて歯も顎位(顎の位置)もぐちゃぐちゃ。

仮歯を入れるから安心するんだね。仮歯だって副作用があるのよ。
仮歯が白いのに、本物が銀色でがっかりされたりする。


でも、無縫冠は違う。

父はとても記憶力がよくて、1年も2年もたって患者さんが来院しても、ちゃんと覚えていて自分の作った冠を出してくる。
削ってないから、歯も顎位もなんでもなくて、ちゃんと入る。

すごいと思いませんか?

白いんならともかく、どうせ銀色ならこっちの方がよかったね。
精密な方がいいわけじゃないよ。
包容力がある方が、ずうっと優れている。

そういう僕は一度も無縫冠を入れたことが無いけど・・・
だってその時は、洗脳から解けていなかった。

今からそうしようと思っても無理だね。
作れる技工士がいないし、フロスが引っかかって患者さんからクレームをつけられる。
あの頃、フロスなんて無かったから。

スポンサーサイト
昔の歯医者の思い出 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/16 00:05
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。