FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ミュージカル フェラ

かなり前に見たものだが、BSでやっていたミュージカル フェラ が頭から離れない。
パソコンをやりながら、テレビを流していて段々に引き込まれてしまったものだから、最初のほうは見ていない。
僕は、あまりミュージカルは好きじゃない。なんかお子様向きで底が浅い物が多い。
ところがこのミュージカルは哲学的で、強烈な主張を持っている。すばらしかった。

フェラ というのは、実在したアフリカの歌手の名前らしい。
その歌手はどうも利権に群がる腐敗した体制派などと、歌手活動を通して戦ってかなり迫害を受けたらしい。
彼の生涯をその歌と共にミュージカルにしたものなようだ。
強烈なアフリカのビートの音楽と土俗的な踊りのすごさ。
そして、こう主張する。

  おれは紳士じゃない。
  おれは少しだけ食べれば満足する。
  紳士は、いつもおなかををすかせている。いくら食べても満足することが無い。 
  おれは紳士にはならない。

う~ん。痛烈な文明批判。アフリカは貪欲に搾取されたが、これ以上シンプルな説明は無いだろう。
それを、アフリカのビートで展開されて、参った。
これこそが、ロックが世界を席巻している原因なんだね。
肉体の持つ原初的な力なんだろう。人工的なバーチャルな環境が進めば進むほど求められる。
アフリカの価値というものに目が覚めた。


翻って考えてみると、歯科疾患は完全な文明病。
むし歯も歯周病も、アダムとイブが楽園を追われなかったら無縁だったはずだ。狩猟採集時代には無かった疾患だろう。
しかし、むし歯も歯周病も文明の力で姑息に何とか制圧できた。毒を持って毒を制したというところだろうか。
だが、近年子育ての文明化がすすんで、今まさにもっとひどいしっぺ返しがきている。
子どもの口腔機能の発達不全とその機能障害。それによる心身の病態。
こればかりは、原初を、それに飢えているアフリカに学ばなくては無理なのではないか。
人類は、過去にどのように子育てして、子孫を残してきたのか。
太古に現代のような口腔機能の障害らしいものは見当たらないのだから。

しかし、いまはまだ審美的な問題ぐらいにしか考えられていない。
まず、歯医者が目が覚めなくてはいけないね。
歯科医師会は、子どもの矯正治療の保険導入ぐらい主張すべきだと思う。
むし歯は制圧したのだから、その治療にかかるお金は大幅に減ったはずだ。
その上に少子化だからかなりの財源は浮いたはずだ。
国民が今困っているのは、むし歯ではない。歯列不正・不正咬合だ。そしてそれによる健康被害。
子ども手当などという訳の分からないものにばらまくお金があれば、大変な問題である子どもの口腔機能障害に使うべきだ。




スポンサーサイト
あれやこれや | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/12 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。