インディアン美人

ついわき道に反れた。というか、僕のの好みのタイプについて、ばかばかしい考察を重ねてしまった。
なんか、小顔の美人についてけちをつけたような気がして、少し具合が悪い。
プレイボーイは、余計なことをごちゃごちゃ言わないで即口説く。モテない証拠で、くやしいな~
僕は、若いときは小顔の美人が好みだったような気もする。

 かわいらしくて、セクシーで、気立てのよい女。

歳とともに、それは幻想だということがよく分かった。
そもそも、女のほうが男より数段度胸がある。レベルが違う。
次郎長伝では、女の度胸はとぐろを巻いている。と言ってたな~
メイクとファッションで品よくしているだけだ。
品よくしないとね。はしたなくなるから。

 品がよくて、誇り高く、激しい女。

それが一番魅力があると思う。



インディアンは、なぜ誇り高かったのか?

それは、エデンの園に住んでいたからだ。

まだ、あの毒りんごを食べていないから、そこから追い出されていない。

あの毒りんごは、たぶん農業のことだろう。
知恵の木の実で、それを食べたから労働と死が罰として与えられた。
神は偏食だ。農産物を好まない。カインが捧げた野菜は嫌いで、羊が好きなようだ。

神が食べていいと与えてくれたものを食べて、無くなったら仕方がなく死ぬという動物のような生活をしていたら、誇り高く生きることが出来た。
死を心配したから、そこにあるものを取って食べることでは安心できずに、何日も労働しなくてはいけなくなった。
知恵とは、先の心配と同義語だ。ようするに、神を信頼していない。
追い出されたのではなくて、自分から出て行ったはずだ。
あれは、神の視線で見た人間の運命で、神はほんとは悲しんでいるのだろう。

皮肉なことに、清教徒はエデンの園に攻め入って、アダムとイブたちをホロコーストしてしまった。
それは、あの毒りんごを食べたせいで、原罪を負ってしまったからだ。
いくら食べても、満足しない。心配でたまらない。
だから、原爆を落とし、枯葉剤を撒き、巡航ミサイルを撃ち込む。
それまでは世界中に罪びとはいなかったのに、毒りんごを食べた凶暴な罪びとが攻め込んで世界を制覇してしまった。
彼らは必ず、黙示録に書いてあるハルマゲドンに至ると思う。


インディアンに限らず、宣教師が来る前はどこの民族でもむし歯も少なく素晴らしい歯列だったと、W.A.プライスの調査した「食生活と身体の退化」(農文協)という本に書いてある。
罪を犯した罰が、不健康な醜い歯列と卑屈な、または傲慢な顔だ。
たぶん、宣教師が来る前は、ほとんどの人は誇り高く上を向いた頭位だったのではないか?
中国を除いてだけど。中国人は太極図を戴いていたから、昔から歯並びが悪かったと思う。


ほとんどの女は、インディアンよりも中国人の性格に近い傾向があるけど、そこがまた愛嬌でもあるような。
あまり立派過ぎるのも困る。
スポンサーサイト
子供のかみ合わせ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/29 00:00
 | HOME | Next »