FC2ブログ

歯の治療は難しい~

 あ~ 歯の治療は難しい。
どうしたらいいか皆目見当もつかないときがある。

患者さんが読むとぎょっとするだろうな~

それは、修理と復元・創造の違い?いや、まだその先がある。

あまりにも落差がありすぎる。
患者さんは、歯医者は大学で全部教わってくるんだろうと思っていると思うが、それは修理法だけ。
ほとんどの人は歯医者の仕事は歯の修理だと思っているだろうが、それは違う。
それはごく初歩の段階。


かみ合わせに問題が無くて、数本の歯を治療するとき=これは治療というより修理。
簡単。簡単。大学で教わったとおり。丁寧にすればよい。

かみ合わせ自体に問題があるとき= ①古美術の修復のような過去の痕跡からの復元。
                       ②芸術のような創造。
                       ③ ?


大げさかな~そうじゃないと思うけど・・・

どの仕事も、学校で習ったことがそのまま通用するなんてことは無い。
しかし、このとてつもない落差はどうだろう?
基準や、コンセンサスが無いのだ。

全ては、人体の中での調和の問題なのだ。
歯の治療は骨格ともいえる人体構造を変革しなければいけないことがほとんどで、その与えた構造は不調和があれば疲労して破壊するまで変化しない。
歯科はその点で、他の医術(医科、代替医療)と決定的に異なる。

だから、全身との調和を調べる必要があるのに、歯科にそんな講座なんて無いし、診査法も?
ただ歯の修理法という道具だけで、構造の崩れに立ち向かわなければいけない。

あ~ 困ったね~
やはり、診査しなくちゃ。診査法が一番大切だ。何を診査するのかが。

この講座は③の?について展開していくつもりでいます。
来年もよろしくお願いします。

くうにゃん。派手にリンクしてくれたね~
唖然とした。


スポンサーサイト



エビデンス | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/12/27 00:53
 | HOME |