FC2ブログ

骨が大好き。

獅子舞は、お餅を食べたくて歯が人間のように進化してきたが、でもやはり骨をかじりたい気持ちは強く残っているはずだ。

ミニダックスフンドにメガネのつるをかじられてしまった。
イヌはとにかく硬いものを咬むのが好きだ。
ネコも、僕が子供のころ残飯で飼っていたとき魚の骨が大好きだった。
その頃はネズミも家にいて、いつも柱をがりがり咬んでいた。
なぜネズミは柱を咬みたいのか?
ネズミの歯は、ずんずんすごいスピードで伸び続ける。
硬いものを咬んで減らさないと、歯がつっかえ棒になって口が閉じなくなるほど伸び続けるらしい。

歯というものは、硬いものを咬めるように出来ているから、やはり軟らかいものだけでは物足りないのだろう。
咬むということは、快楽なんだね。
するめを咬む、漬物を咬む、これは快楽。
だから、入れ歯の人はとにかく漬物を咬みたい。これが入れ歯の性能の一つの基準。

ところで、早食いは、よく思われない。消化に悪いからというばかりじゃないね。
餌を食べているように感じるからじゃないか。
イヌやネコは早食いだ。あまり味わっているように見えない。
人間以外の肉を食べる動物はみなそうだね。
野生では、早く食べないと取られるかもしれないからだろう。

ゆっくり味わって食べるのは人間だけ?
牛は超ゆっくり。でも反芻するのは味わってるのとは違うような・・
キリンものんびりしているけど、葉っぱが少なくなったらどうなんだろうね?
いや、イヌが骨を咬んだり、そこに少しついた肉をしゃぶったりするのは味わう楽しみで、人間と近いように感じる。
あれが、グルメの原型なのかな~。




スポンサーサイト



動物の歯 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/12/14 00:00
 | HOME |