三十三間堂の無歯顎の老女像

誘われてシンガポールの学会で発表してきた。
世界中から大学教授や開業医が参加していたが、リゾートを経費で落とすために存在するとしか思えない、ほとんど無意味な学会のようであった。
僕は娘と組んで参加したので楽しかったけれど、国際学会というものは観光業の一種のようだ。
そういうビジネスもあるのだろう。
事前になんとなく気が付いたので、予定を早く切り上げて京都・大阪・奈良に寄ってきた。
京都国立博物館の国宝展と仁徳天皇陵見学が目的。春日大社と興福寺も見てきた。
教科書に載っていた火炎土器や伝源頼朝像の本物を見ることが出来てよかった。肩がとんがった紺色の着物に着物の柄まで細かく書いてあるのに驚いた。教科書の小さな写真しか見ていなかったのでてっきり、べたっと紺色に塗ってあるだけのように思っていた。
博物館のすぐ隣が三十三間堂だったので、高校の修学旅行以来50年ぶりぐらいに行ってきた。

摩和羅女像に吸い込まれてしまった。
無歯顎の老女で、目の表情も白内障か何かでほとんど見えないような感じに見えた。
鎌倉時代だから、無歯顎でも総入れ歯など入れていなかったはずで、そうすると不適合な義歯の動揺によるえぐれるような顎堤吸収もないだろうから、入れ歯を入れていなくても、この程度の少しくぼんだ品の良い口もとになったのだと思う。
魅入られてしまったのは、品格のすごさもあるが、あまりにもリアルなことだ。
顎位は右後ろ下がりの左前顎位のように見えたが、右前顎位かもしれない。右後ろ下がりなので、頭が少し右に傾いているせいで左前顎位に見えるように思う。ほぼ真ん中に近い右前顎位じゃないだろうか?
そして、上体が少し右に傾斜して、右後ろに回旋している。
その回旋した上体と顔が正面を向いた位置に安置してあるので、両足は10度ぐらい左を向いている。
つまり、右後ろ下がりの右前顎位の無歯顎の患者さんの立位姿勢そのものなのだ。
いつも患者さんで観察される傾向がそのままある。
その顎位によって頭が少し右に傾き、その頭のバランスを取るために体をひねって立っている、という患者さんの状態そのものがそこにある。

 この仏像に総入れ歯を入れてあげたい!
そうしたら、きっと真っ直ぐになるだろう。


摩和羅女
ネットで探したら「私の大好きな仏像百選のブログ」というものがあって、その中に写真があった。
ところが、僕が三十三間堂で観察した頭の傾きもなく、体も真っ直ぐに見える。なんか変だ。
よーく観察してみると、本の写真をコピーしたようだが、右手の下の方に写真の縁の線が見える。
仏像が傾いていたので、わざわざ写真を少し回転して起こしてあげたようだ。
僕と同じ気持ちになったのかもしれないけれど、ダメだな~ プロの写真家が彫刻を撮るときに三脚を使わないはずがないじゃないか。
つまらない修正のために、マネキン人形みたいになって仏性を感じられなくなってしまった。
仏様は人間が誓願を立てて修行して成ったものなので、やはり歪みが無いと仏性も感じられない。
神様が日本の神も含めて偶像禁止なのは、神様が歪んでいるはずもなく、やはり完璧すぎると人工的・無機物的で、よく見えないことも関係しているような気がする。
左端の写真がそれで、真ん中が僕が写真の縁のラインに合わせて回転させたものだ。
写真を回転させたのは1°だった。たった1°で印象が全く異なる。この1°の傾きが仏師の腕なのだ。見事なものだ。

これは、どんなに天才仏師でもモデル無しに作ることは無理だろうと思う。
この前、運慶展で見てきた無著像は、田中英道先生によれば西行がモデルではないか、ということだ。
このモデルは尼僧に違いないと思うが、ただものではないすごい尼さんであることは間違いない。
表情に現れた信仰に対する確信と覚悟のすごさ!唯物史観に毒された現代人には、絶対に見ることのできない表情だと思う。
それにしても、総入れ歯を入れてあげたいものだ。
スポンサーサイト
入れ歯とのくらし | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/11/21 17:45

親切なおばちゃん

いわごろう先生の新築の歯科医院は、すべてが好ましかった。
いわごろう先生はメインを咬合育成・小児歯科に定めているようなので、正面の医院の看板に娘さんが子供の時に書いた虫歯予防デーのポスターの歯ブラシを持った顔がシンボルとして添えられている。
待合室の壁も虫歯予防デーのポスターをプリントしたかわいらしい壁紙で、その壁に犬小屋の入り口のようなトンネルがあって、這い這いして子どもが診療室に出入りすることが出来る。

僕を診察して出来たスプリントを入れたら、治療椅子から立たせて少し離れたところからじっと僕の頭位や姿勢や重心バランスや表情を観察する。
そして、小首を傾けて「どうですか?」と聞く。僕が答えるのを待っている目が生き生きしている。
メリーポピンズのジュリーアンドリュースが、子供たちが何かおしゃべりするのを楽しみに待っている感じだ。
どんなことを言うのか、変わったこと、突拍子もないことを言い出すのを待っているような眼をしている。そしてきっと、顔を見合わせうふふと笑いあうのだろう。
僕を観察して感想を聞いて、少し調節するとまた立たせてみて、うん、よくなったね!と満足そうににっこりする。

僕が子どもの患者だったら、スキップして歯医者に通うんじゃないだろうか?
最新設備が揃っているがそれじゃなくて、親切なおばちゃんが楽しくお話を聞いてくれて、一緒に笑いながら歯も治してくれるという感じだ。
子どもの意見に従って治療するの。ここを足してとか、この歯はまだ抜かないでとか言うので、その通りにすると、その子にはそこが必要な時期だったということが分かるんですよ。

あるおばあさんに、どうですか?と聞いたら、それを決めるのがあんたでしょ。赤い紙を咬ませてそれで判断するのがあんたの仕事じゃないのと怒られました。そのおばあさんは、それっきり来なくなりましたと、楽しそうに笑って言う。
自分のスタイルを作り上げていることを、キッチリ自覚している。
診療室に絵や写真が飾られているが、患者さんが自分の作品を持ってきて飾って、定期的に変えていってくれるという。絵と写真は別の人らしい。
誰でも仲間に引き込み、ファンが多いことがうかがわれる。
このメリーポピンズのような包容力のある、余裕あふれるおばちゃんには、どの歯医者もかなわないだろう。


いわくま塾 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/11/15 00:00

いわごろう先生の不思議な治療

この前の日曜日に、いわごろう先生の診療室で治療していただいた。
つい最近建て直したばかりの、ピカピカの歯科医院。
最新のカボのCTとユニットが素敵だ。
そこで、とても不思議な治療をしていただいた。

この前の大会の僕の講演を聴いていただいた人は分かっていると思うが、僕の頭はかなり傾いている。
それは、僕の左上に入っているブリッジがスウィング干渉しているからだ。
次第に傾きが増してきた。掲げてある7年前の写真よりも傾いている。
姿勢も腰のところから横ずれした感じになって、そっくり却って、どんどん姿勢が悪くなってきている。
老化と運動不足のせいで体が硬くなってきたのでスウィング干渉が増してきているからだと言われている。
一月ほど前から右ひざも痛くなってきていた。

それらを治していただいた。
頭はばっちり真っ直ぐになって、膝の痛みもその場で取れた。
それは当たり前のことで、僕らはそんなことで感激したりはしない。うん、治ったねぐらいだ。
要するに、医者の不養生のようなもので、あまり症状がないのでつい疎かにしていたわけで、くまごろう先生からずいぶんと注意されていたのだけれど、いざとなったらすぐくまごろう先生にお願いできるという安易な考えでいただけなのだ。
ただ、その治療法がとても不思議だった。奇跡としか思えない。
全顎のスプリントを入れたのだが、バイトを採らず口の中で咬んで固めたわけでもないのに、咬合紙を一枚も使わずにピッタリ合ったのだ。
未だにどういう理屈なのかも解らないし、まだ治験が終わっていないのかどこにも発表していないようなので詳細の紹介は伏せておく。
ただ、素晴らしい画期的なオリジナルな治療法であることは間違いない。

そして、その治療を全面的に展開するシステムもすでに構想が出来ていて、そのために医院を新築したようだ。
おどろくべき全方位に調和のとれた能力だと思う。
あごろべえ先生やラッパの先生はたいへんな天才だけれども反面、経営などに関して少し欠けているところもある。
僕は、才能も経営能力もいちじるしく欠けていて、毎日過去を振り返って、現在を反省して、ため息をつく毎日だ。
いわごろう先生の満月のような円相の能力・人格を、こころから尊敬いたします。

いわくまコンビという。
くまごろう先生とはもう15年ほどの付き合いで、そのすごさは良く分かっているが、いわごろう先生とは5~6年前からで年に何回かしか会わないので、雲霧を通して見ていた感がある。
これから私が感じた独断で、このスーパーな女医さんコンビの研究や臨床のすばらしさや、この2人だけでなく仲間の女医さんの印象などから感じる、歯科医は女医に限るという僕の持論などをブログの読者に紹介していきたい。

いわくま塾 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/11/09 22:02

7年目の浮気

このブログが今日で、ついに7年目を迎えた。
2~3か月前から急に意欲が薄れてきて、先行きが怪しくなってきた。
その訳は自覚している。
くうにゃんのブログと同じ状態になってきたのだと思う。
僕は、くうにゃんのブログに触発されて始めたので、くうにゃんのブログが不意に停止した時にその理由がすぐに分かった。
くうにゃんはあご切り矯正後の不定愁訴が苦しくて、その闘病記を延々と書いていたわけだが、くまごろう先生の治療が奏効して不安定な苦しい時期を脱して各種の代替医療でコントロールできるようになったので、急に苦しかった時期のことが思い浮かばなくなったのだと思う。それで、ブログが停止した。

不定愁訴というものは、どんなにそれが苦しくても器質変化した病気にまで至っていないので、バランスが取れると急に何でもなくなり、苦しかったことも忘れてしまう。そんなものなのだ。
先月、舌痛症とうつの症状で苦しんでいる方の身内の人から問い合わせがあった。
それからどうしたかは分からない。治療されるのか他に当たるのかは不明だが、舌痛症とそれに続くうつ症状とかは、そのようなバランス崩れであって、バランスを回復したら嘘のように晴れやかになるものなのだ。
そうすると、もともと何ともなかったような気になる人が多い。

僕はそのような症状があってブログを書いていたわけではなく、あごろべえ先生のとてつもない大発見に仲間の一人として身近に立ち会って参加して、次々と新しい発見が積み重なって加わっていき次第に体系化していくのをわくわくして見ていて、その興奮がモチベーションとなっていたのだ。
急に意欲が薄れたのは、概要と体系がほぼ理解できたからだ。
2000年からだから、17年になる。一生懸命追いかけてきたものが、ある程度理解できた。なんか、ほっとして力が抜けた感がある。
もう一つは、ラッパの先生の自分を被験者にした気の遠くなるような人体実験の繰り返しによる研究がほぼ完成して、極めて単純な法則にまでエッセンスが凝縮されたことだ。
それによって、日常の歯科臨床における咬合の問題を誰もが容易に解決できる優れたセミナーが実現できた。
このことは、大変なことだ。
僕らの仲間の中には、ラッパの先生の咀嚼運動の調整はあごろべえ先生の発見したスウィング現象の一部に過ぎないのだからという考えの人が居るかもしれないが、このような考えはとんでもない間違いだ。
ラッパの先生の発見したエッセンスは、歯科医がこれまで培ってきた大系の延長上で出来る究極の予防医学であると言える。
あらゆる歯科医がこれを学ぶべきで、それによって日常の歯科臨床を迷いなく進めることが出来る。
その新しいセミナーのきっかけと方法論に少し参加できたことに、僕としてはとても満足している。
そして、アドバンスとしてあごろべえ先生のスウィング現象の大系がある。咬合育成、矯正、欠損補綴、咬合医療に関しては、この体系が必要になる。
これからは、この二本立てでたゆまぬ歩みを重ねていけば、必ず目的は達成できると確信した。


うわの空の・・・とブログの表題を付けたわけだが、僕は誰にもボケてると言われる。要するに、心がそこに無くていつもうわの空なのだ。
なんか、一つのテーマをいつも考えていて、現実に対応できていないようなのを自覚している。
だいたい15~20年周期でテーマが変わるようだ。
中学から結婚前までは文学青年だった。結婚してからは現実に対応する必要を感じて投資、次はその反動なのか宗教に興味が集中した。そして、また歯科医としての現実に対応して咬合。
なんとなく納得できるとそれで満足して、別なものに興味が移る。
近年は、同級生がほとんど隠居生活に入ったせいなのかもしれないけれど急に歳を意識してきて、ルーツというか日本という極めて特殊な国の本質を知りたいということに興味が集中してきたように感じている。これが、僕の興味の対象の最後のテーマになりそうだ。
こんなところで、僕のうわの空の人生が終わるような気がする。
初めまして | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/11/03 00:00

おもしろい選挙だったな~

僕は、新聞も取ってないしテレビもアンテナが壊れていて、もう五年以上もどちらも見ていない。
だから、選挙報道など見たことないが、今回の選挙ばかりはネットのニュースをたっぷりと見た。
どんな出し物よりも突き抜けて面白かった。

不倫やハニートラップのすっぱ抜きから始まって、泥船から次々と逃げ出したと思ったら、いきなり全員脱出してまだ形も出来ていない建造中の救難船にすがり付いた。
目を丸くして見ていたが、それからがさらに面白かった。

先に逃げおおせていた細野さんがクモの糸の上から、お前たちは来るな!糸が切れそうだ。と言ったときに野田さんが、てめえの股はくぐらねえ!行くものか!と見得を切って見せたのは見事だった。
あれで野田さんはだいぶ男を上げた。
細野さんは、いきなり偽助六にされちゃって、かっこ悪くて隠れるしかなくなった。
かわいそうなのは何とかなだれ込んだ連中で、全員偽助六の股をくぐったことになってしまった。
どうも、あれで勝負は決まったようだ。

さらに、緑のタヌキが思い上がって、高師直が地位をかさに着て桃井若狭之助や塩冶判官をいじめたような感じになってしまったからたまらない。
急転直下、忠臣蔵の敵役になってしまった。あの人はもうだめだね。あれ以上日本人に嫌われるタイプは居ないわけだから。
ものすごく恨みを買ったから、そのうちに討ち入りされて首を取られる。

さらに連想をたくましくするとハニトラにハマった前原さんは、殿が殿中で刃傷になった一大事の時におかるに誘惑されて情事していた早野勘平と重なって見える。
人が好いが軽はずみで、そそっかしいくて気が弱そうなのもそっくりだ。いずれ、一人で空しく切腹するはめになるのかな?
でも、そそっかしく切腹したせいで四十七士に加えられたように、民進党のゴルバチョフと後の世に讃えられる時が来るかもしれない。

じっと控えめに耐えて見せた枝野さんが義経に成りおおせて判官びいきされたのも面白くて、ほとんど歌舞伎十八番だった。


今回の大立ち回りを見て、日本の選挙や政治の素晴らしさがやっと分かった。
識者らしき人が、さんざん日本の政治や選挙の在り方にケチをつけるのを聞いて僕もそうだそうだと思っていたが、洗脳されていただけだったような。
偉そうな進歩的文化人とやらは、昔から漢学者・蘭学者などと外国かぶれしてピントがずれているのが知識人なわけで、今に始まったわけじゃないが、ほんとに迷惑だな~

欧米などは、政策を打ち出して討論会を開いて、私についてきなさい!と言う候補を、個人主義の有権者がじっくり品定めして投票したとしても、相手はもっと利己的でウオール街や石油メジャーや軍産複合体のエージェントだったりするから、結局あちこち地の果ての戦争に駆り出されるだけのようじゃないか?
日本では、義理(会社や組合や宗教団体)と人情(好みのタイプの候補者)を秤にかけて投票先を決めるわけだから、政策なんて聞かなくたって構やしない。
候補者は誰も政策なんて考えていないということが、この騒ぎでほんとに見事に明白になったものだ。
どうせそうに決まってるから聞かないわけで、義理と人情で選ぶ方が賢いのだ。

しがらみのないとか、リセットとか言ってみても、一時流行るだけなわけで、日本の民主主義は立派だな~
いい歳になっていまごろ気が付いたわけだけれど、幸せな気分だ。




あれやこれや | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/10/25 18:35
 | HOME | Next »