お東先生の修行と覚り

お東先生がコメントを寄せてくださったが、ホントにたった2日間のセミナー受講でラッパ上人の教えを深く理解して即座に失敗せずに実践できているということは、驚くべきことだ。
お東先生にとっては、最高にコストパフォーマンスが高いセミナーだったろうと思う。
運がよかったのか、もともと理解力が並外れた天才だったのか?

コメントに少し答えが書いてある。

>自分のひどい噛み合わせを少しでも良くしたいという思いで1990年から噛み合わせの勉強をしてきました。

長く修行してきて、27年目で開眼したということだ。御釈迦さんの故事を連想してしまった。

御釈迦さんは、一人の村娘からいただいた乳粥を食べて菩提樹の下で瞑想して悟りを開いた。
たぶん、その村娘は他の苦行僧にも同じように粥を喜捨していたはずだが、完全な悟りを開いたのは御釈迦さんだけだった。
それは、御釈迦さんだからで、悟りを開く前にたまたまお粥を食べただけで、別にそれがハンバーガーでも変わらないんじゃない?と思うがそうではなくて、ちょうどその時の乳粥じゃなければいけなかった。
それは、死にそうなほど苦行で衰弱しきっていたからで、そのお粥によって難行苦行は意味がない。中庸こそが大切なのだと修行方法を反省して瞑想したから悟ることが出来た。
でも、その前の修行が無いと、お粥さえ食べたら悟るわけではないことは明らかだ。

お東先生は、いろいろな咬合関係のセミナーを受けたり深くかかわった流派もあるようだが、私が注目するお東先生の修行による素養は、その深くかかわった流派の流れからだと思うが、整体の勉強をしたりして、筋の触診をマスターされていたのが大きいと思う。
咬合治療というものは、骨と関節と筋の働きによる歯のかみ合わせなのだから、基本的には整体に所属するものだと思う。
しかし、歯科医は大学で西洋医学しか教わらず、東洋医学や整体などについて知識もなければ、関心もない。
西洋医学では、整形外科が専門家のようにいわれているが、そこは手術が専門であって、整復とかリハビリテーションとかにおいては、付け足しというかひじょうにレベルが低い。
医療の中のヒエラルキーによってゆがめられて認識しているので、なかなかそこが分からないわけだ。

明日から2日間また、ラッパの先生のセミナーが開かれる。
この前受講してみて、素晴らしい組み立てのセミナーなので、基本的にはそのままでいいと思うが、触診のやり方と受講者相互の触診実習体験を充実させたらより良いと感じた。
咬合治療に関しては、女医さんは一般的に理解が早くて腕もいいように思う。
それは、女性はもともと成長とともに体が大きく変化し、生理があったり、肩こりに敏感な体なので、身体感覚的にすぐ分かるからだと思う。
美容のためにストレッチやエクササイズなどにも関心が高く、ほとんどの女性は何らかの実践体験を持つ。
それに比べて、男は体で考えることが無く、知識と論理だけで考える傾向があるから「咬合と全身にはエビデンスが無い」などといったバカげた思考停止・見ざる聞かざる状態に陥りやすい。
女医さんでそんなことを言うのを聞いたことが無いから、身体性が薄い男の通弊だと思う。
それに、慣れてないというか、触診にビビってしまうところがある。
つい、セクハラなんて言葉が浮かんでしまう。僕も、最初はなかなか抵抗があった。
女医さんは、触診に対してそんなことを思ったりしたことは一度もないはずだ。
いつもマッサージとかを受けているからね。
電車の中であらぬ所を触診したら逮捕されるけど、要するに場所と目的であって、患者さんがそんなことを考えるわけがないのだ。
そもそも、歯医者がする触診は肩から上しか必要ないわけなのに、身体性が薄い男は、慣れてないとそんなバカげたことまで気になるものだ。

論より証拠。触診したことが無い状態では、咬合が分かるはずがない。実感できないのだ。
CTの画像がどうだとか言っても、触診の手ごたえに比べたら蜃気楼のようなレベルだ。
そこに、整体と整形の差がある。歯科医も同じことだと思う。
出来れば、お東先生にインストラクターになってもらって、触診の基本を指導してもらうと良いように思う。

まあ、でもそんな難しいことじゃないよ。
慣れと、習慣だけだね。


スポンサーサイト
ラッパ亭語録 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/08/25 11:50

夏の日

    夕日

私の家から徒歩30秒の天塩川から、狭い向こう岸の先にある海に沈む夕日。
利尻富士が遠くに見える。河川敷は公園になっていて、散歩すればとても快適だ。
今年は、北海道は冷夏で、暑い日はほとんど無かった。
8月にストーブを焚いたことも2~3日あったが全体としては、とても爽やかで快適な夏だった。

まあ北海道人だからちょっと寒いとストーブを焚くだけで、学生時代体験した内地のどこにも温まる所が無くて芯まで冷えるような冬や、めまいがするようなアスファルトの灼熱地獄を思い出すと、夏は快適な避暑地でいい所だな~思う。


    利尻富士

天塩を通り過ぎたばかりの機上から撮った稚内に至る海岸線と利尻富士。
あれやこれや | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/08/23 00:00

お東先生登場

藤井君の活躍ですっかり将棋狂いになってしまって、将棋のネット中継を見ていると何もする時間が無い。
ちょっと、プロの将棋は持ち時間が長すぎるね。
天才ばかりしかいないプロが、途方もない長い時間を考えて指しているわけだから、弱いアマの僕に理解できるはずもなく、すぐ落ちこぼれていつの間にか居眠りしている。

今度の土日に、ラッパの先生の咀嚼のセミナーがある。
前回は5月だった。僕も参加した。
とても良い組み立てで、みんな引き込まれるように最後まで集中して受講していて、ラッパの先生の講師としての目の覚めるような進歩ぶりに驚いたものだ。
感想を書くと言っていながら、そのままになっていた。

何といっても、受講生にものすごい秀才が現れたことが素晴らしかった。
初めて会う8人の受講者の一人だったので、僕はまだ名前と顔が一致してないのだが、その先生は受講直後から、セミナーで教わった内容を患者さんに実践した赫々たる戦果をメールでみんなに報告してくれるのだ。
まことに見事な実績で、たった2日間セミナーを受講しただけで、これほどできるものか‼と驚嘆した。

僕は、ラッパの先生の研究がほぼ完成したと感じていたので、以前からやっていた自分の修行をそのまま受講者に体験させるという、ほぼ全員が落ちこぼれる修験道のような難行のセミナーじゃなくて、念仏を唱えるように、ラッパ上人の悟りのエッセンスだけを講義するセミナーを進言して開いてもらったセミナーなので、いきなりものすごい秀才が出現したことにとても喜んでいる。
このブログでは、大学教授以外はすべて仇名を付けて呼んでいるので、その先生を「お東先生」と呼ぶことにする。
その心は、易行の念仏と言えば浄土真宗で、本願寺派と大谷派に分かれていて、それぞれお西、お東と呼ばれている。
ちょうどその先生の名前が、お東と大谷派を合わせたような名前なのだ。
易行の念仏のようなセミナー1回の受講で、極楽浄土に往生した感があるので、まさにふさわしいと感じた。
何か、歎異抄を書いた唯円に匹敵するように深く理解されていて、本当に感服した。

それにしても、ラッパ上人の悟りを念仏することは、ものすごいご利益がある。
私も、日々念仏している。なまんだぶ なまんだぶ。
親鸞は、私は僧にあらず、法然上人から聞いたことをそのまま言っているだけの愚禿親鸞である、と言っていた。
我らの上人は、その謙虚さも、風貌も・・・親鸞聖人並みだ。ありがたやありがたや、なまんだぶなまんだぶ。
もう、直前に迫っているが、この前、定員までまだ1~2名余裕があるように聞いた。
暇がある方は今からでも申し込んで、ラッパ上人のありがたい法話を聞きに行ったらどうだろうか?
ラッパ亭語録 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/08/20 14:38

トリックスター佐々木勇気を讃える

藤井聡太君の連勝がついに止まった。残念。
しかし、今度はその連勝を止めた佐々木勇気五段のファンになった。
僕はこれまで、彼の名前がまったく今どきなのと、なんか見た目もしゃべりも軽い感じがして、あまり注目していなかった。
しかし、彼の藤井君との将棋は見事だったし、勝って連勝を止めてみると、彼の姿勢は素晴らしかった。プロの鑑だ。
対局に備えて、2度も藤井君の対局前の対局室に一番乗りして隅に座って見学していた。
解説者や聞き手の女流プロに散々いじられていた。あんな行動をする棋士見たことありますか?何してるんでしょうね?さ~
本人は、報道陣に囲まれるのに慣れるためとか、藤井君のオーラを感じるためとか言っていた。
しかし、いざ連勝を止めた後で彼の行動を振り返ってみたら、中継カメラに映るために行ったことは明らかだ。
テレビカメラの裏側に座れば映らないがそうではなく、わざわざカメラにハッキリ映る位置に、対局者も報道陣も居ない無人のうちから座って闘志をむき出しにしたギラギラする目つきで、自分が連勝を止める挑戦者だ!と座っていた。
見事に成し遂げて、昨日はその次の格上の相手にまた見事な差し回しで快勝した。
この前は日曜日。昨日は土曜日と本来はあまり対局を付けない日に付いているのは、中学生の藤井君と大量の報道陣対策だったが、昨日は完全に当てが外れたわけだ。

師匠が、彼はまことに単純でピュアな好青年だと言っていたが、そのとおりだと思う。
8歳年下の中学生に対する態度ではないが、そんなことにはまるで頓着しない。
負けたらかっこ悪い状態に自分を追い込んで、アドレナリン全開で臨んだように見える。
藤井君の当たり障りのない大人の受け答えと対照的に、思ったとおりをとんがった言い方でキッツと目をを見て言う。
かわいい。まだ22歳。僕は、もうむちゃくちゃファンになってしまった。
以前、大山に升田、中原に米長とライバル関係を書いたけれど、彼こそまさに藤井に佐々勇となる逸材だ。
勇気流という序盤定跡の開発者でもあり、升田の「新手一生」を継ぐ戦略家でもある。
これからは、藤井君のライバルとして、彼に注目したい。
彼の闘争心は藤井君の登場で燃え上がった!当面は竜王戦で彼がどこまで勝ち上がるかに注目したい。

さて、藤井君は次の順位戦ですぐ勝利を収め、その終盤力のすごさを示したが、これまでかなり完璧に見えた序盤作戦にまだ経験不足の粗さがあることがちょっとずつ顔を表してきた。
格上の経験豊富な棋士は、これからは佐々勇のようにそこを突いてくるだろう。
今年度中にタイトル戦に登場するのは、けっこう難しいかもしれない。
あれやこれや | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/07/09 16:58

気持ちが揺れた

ついに、29連勝の新記録。
朝から注視していた。期待にたがわぬすごい将棋。
29局の中の、一番の名局だった。

増田四段が、切り札の雁木戦法を繰り出してきた。
この戦法の本を出しているらしく記憶では、帯に矢倉戦法の時代は終わった。時代は雁木!だったような?
エースを投入してきた。
増田四段がものすごく上手く指しまわして、夕方の5時ぐらいに飛車取りに金を打たれて藤井君が長考していた局面では、僕には全く手が見えなくて、これで終わりなのか?と思った。
僕のような弱いアマなら、あの局面では7~8割負けるように思う。
どうしても、わかりやすい飛車の筋を中心に考えてしまうので、角の筋は見えずらい。

その時は、これで終わりか?という残念な気持ちだったが、局面はほぼ互角に近かったらしく、徐々に盛り返して来たら今度は増田君の気持ちに感情移入してしまう。
藤井君が出てくる前は16歳でプロになった最年少棋士だったわけで、連敗するのはつらい。
僕のような凡人は、どうしても負ける側に感情移入してしまう。
「チャンチキおけさ」とか、「花街の母」は天才にはひどすぎるが、「一本刀土俵入り」のような努力しても届かない才能の壁で負ける、切なくやるせない気持ちの、心が揺すぶられるような実存の不条理の美学とでも言うか?

僕はつい、増田君を応援してしまった。
天才どうしでも、1番目と2番目がある。
例えば、相撲では大鵬と柏戸。将棋では大山と升田。中原と米長。マンガでは、あしたのジョーと力石。星飛雄馬と花形満。
どうしても越えられない壁がある。
この壁がどこに在るのか?と考えてしまうが、藤井君の記者会見がその答えだったように思う。
将棋界に限定して言えば、大山、中原、羽生がその時代の第一人者だった。
必ずライバルがいて、大山には升田、中原には米長、羽生のライバルは居なかったようにも思えるが、十八世名人の森内だろうか?これらの2番手のライバルは、記者会見や折に触れて、感動的な言葉を言う。
名言を残す。美学がある。
解説していた、十七世名人の谷川も美学の人だ。しかし、第一人者の時期は比較的短かった。
それに対して、上に挙げた第一人者は、必ず全く当たり障りのない平凡なコメントしかしない。
これが、第一人者と二番目の違いなのかもしれない。
本業で勝つことだけを目指していて、それ以外でウケるということに価値を見いだせない人だけが、第一人者に成れるのかもしれない。

この負けは、増田君にはひびいただろうな~
こういう大一番に勝てるかどうかで、序列が決まるところがある。
19歳で、崖っぷちに立たされたようなショックではないかな~
でも、この二人はこれから先、抜きつ抜かれつのレースを繰り広げることは間違いない。

それにしても、英雄を見ることは心が沸き立つ。



あれやこれや | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/06/27 00:44
 | HOME | Next »